ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 小原康裕の「世界のリーディングホテル」VOL144 シャングリ・ラ・ロンドン
VOL144 小原康裕の「世界のリーディングホテル」

VOL144 シャングリ・ラ・ロンドン

【週刊ホテルレストラン2017年06月09日号】
2017年06月27日(火)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
小原 康裕
「世界のリーディングホテル」
ホテルジャーナリスト
小原 康裕 プロフィール

ザ・シャード「The Shard」は地上87階建て、尖塔高は310m。西ヨーロッパで最も高いビルであり、2008年9月に着工し12年7月に竣工した。
ザ・シャード「The Shard」は地上87階建て、尖塔高は310m。西ヨーロッパで最も高いビルであり、2008年9月に着工し12年7月に竣工した。

 ザ・シャード「The Shard」は地上87階建て、尖塔高は310m。西ヨーロッパで最も高いビルであり、2008年9月に着工し12年7月に竣工した。建築設計はポンピドゥー・センターや関西空港ターミナルビルで知られるイタリア人建築家レンゾ・ピアノ氏だ。この超高層ビルは、ピラミッドを垂直に引き伸ばした形状で、互いに接触しない八つの面からなる。外壁は英語で“破片”を意味する「Shard」の名称通り、角度を付けてガラスが取り付けられている。ザ・シャード館内には、オフィス、レストラン、レジデンスなどが入り、34 - 52階部分にはシャングリ・ラ・ホテルズ&リゾーツがロンドン初のホテルとして、「Shangri-La Hotel, At The Shard, London」の名称でオープンした。

「Shangri-La Hotel, At The Shard, London」の案内板。建築設計はポンピドゥー・センターや関西空港ターミナルビルで知られるイタリア人建築家レンゾ・ピアノ氏。
「Shangri-La Hotel, At The Shard, London」の案内板。建築設計はポンピドゥー・センターや関西空港ターミナルビルで知られるイタリア人建築家レンゾ・ピアノ氏。

シャングリ・ラ・ロンドンのエントランス車寄せ。この超高層ビルは、ピラミッドを垂直に引き伸ばした形状で、互いに接触しない八つの面からなる。
シャングリ・ラ・ロンドンのエントランス車寄せ。この超高層ビルは、ピラミッドを垂直に引き伸ばした形状で、互いに接触しない八つの面からなる。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年12月14日号
2018年12月14日号
本体1,600円(税込)
【特集】特集Ⅰ SAKE UNIVERSE 日本の味に、世界が夢中になる 特集Ⅱ…
【トップインタビュー】
ハイアット ホテルズ コーポレーション アジア太平洋地区 グル…

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
トリップアドバイザー(株)  トリップアドバイザー「外国人に人気の日本のホテルと旅館2018」を発表!
トリップアドバイザー(株) 
2018年12月14日号  トップインタビュー ハイアット ホテルズ コーポレーション アジア太平洋地区 グループプレジデント デイビッド・ユデル氏、 ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄 総支配人 野口 弘子氏 
2018年12月14日号  トップインタビュー ハイアット ホテルズ コーポレーション アジア太平洋地区 グループプレジデント デイビッド・ユデル氏、 ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄 総支配人 野口 弘子氏 
ニッコー・ホテルズ・インターナショナル、ホテル日航熊本  客室改装3ヶ年計画をスタート。2019年3月16日(土)、13・14階の客室をリニューアルオープン
ニッコー・ホテルズ・インターナショナル、ホテル日航熊本 
2018年12月14日号  特別企画  ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄  ロケーションに依存しない、人による魅力で「元気になるリゾート」を目指す
2018年12月14日号  特別企画  ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄 
2018年12月14日号  特集 Ⅱ HACCPに沿った衛生管理で 冬も食中毒対策を
2018年12月14日号 
CLOSE