ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 小原康裕の「世界のリーディングホテル」VOL144 シャングリ・ラ・ロンドン
VOL144 小原康裕の「世界のリーディングホテル」

VOL144 シャングリ・ラ・ロンドン

【週刊ホテルレストラン2017年06月09日号】
2017年06月27日(火)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファインダイニング・バー「TĪNG」のレセプション。アートワークのパーティションで、ロビー奥に半オープンの形で広がる。
ファインダイニング・バー「TĪNG」のレセプション。アートワークのパーティションで、ロビー奥に半オープンの形で広がる。

 シャングリ・ラ・ロンドンは、今までのホテルに対する保守的な概念を払拭する画期的な試みであった。ガラスの魔術師、レンゾ・ピアノが放った大胆な“ガラスのピラミッド”。当初は重厚なロンドンの街並みに近未来的な建物は相容れないと反対論が多かったが、実際に完成してみると不思議なことに周囲の風景に溶け込んでいる。英国ロンドンの地に東洋の趣を融合させたヨーロッパモダンのホテル。実に興味ある組み合わせのホテルと言えよう。

「TĪNG」の窓際席からは素晴らしいロンドンの眺望が得られる。
「TĪNG」の窓際席からは素晴らしいロンドンの眺望が得られる。

ファインダイニング・バー「TĪNG」は中国語で“リビングルーム”という意味で、ロンドン中心部の35階からの絶景と共に食事を楽しめる。
ファインダイニング・バー「TĪNG」は中国語で“リビングルーム”という意味で、ロンドン中心部の35階からの絶景と共に食事を楽しめる。

エグゼクティブシェフのガレス・ボーウェン氏が腕を振るい、アジアン料理もメニューにある。
エグゼクティブシェフのガレス・ボーウェン氏が腕を振るい、アジアン料理もメニューにある。

52階にあるバー「GOˇNG」のバーカウンター。
52階にあるバー「GOˇNG」のバーカウンター。

バー「GOˇNG」のシッティングエリア。ロンドンで最も高いロケーションのバーである。
バー「GOˇNG」のシッティングエリア。ロンドンで最も高いロケーションのバーである。

ブレックファストはブッフェスタイルで多くのメニューが並ぶ。また、蒸篭(せいろ)に入った点心のセットもオーダーできる。
ブレックファストはブッフェスタイルで多くのメニューが並ぶ。また、蒸篭(せいろ)に入った点心のセットもオーダーできる。

地上階に位置し中国語の「廊」という言葉に由来するデリとカフェの「LANG」。
地上階に位置し中国語の「廊」という言葉に由来するデリとカフェの「LANG」。

小原 康裕

ホテルジャーナリスト

慶応義塾大学法学部法律学科卒。74年Munich Re 入社。85 年築地原健㈱代表取締役。2001 年投資顧問会社原健設立、代表取締役CEO。JHRCA、日本ホテルレストランコンサルタント協会理事。
www.jhrca.com/worldhotel
現在、筆者のホームページで「世界のリーディングホテル」を連載中。多くの美しい写真と興味深いコメントで、世界中のホテルとそれら関連都市を紹介。

 おかげさまで拙著書「World's Leading Hotels」は好評を頂いておりますが、写真集第2弾「World's Prestige Hotels 世界の名門ホテル」をこの度、発刊しました。世界最高峰のホテルの華麗な写真と解説をぜひお読みください。

週刊ホテルレストラン最新号
2019年10月18日号
2019年10月18日号
本体1,630円(税込)
【特集】「客室清掃」で決まるホテルの品質
【トップインタビュー】
(株)プリンスホテル 執行役員 東京都市圏エリア統括総支配人…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE