ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • スマイル ブリュー カンパニー 島田律子氏 × 泉橋酒造(株) 代表取締役 橋場友一氏 伝統は“守る”のではなく“創る”もの  第四十一回  酒蔵が米作りに関して学ぶことで 迫力のある日本酒業界が生まれる
第四十一回 スマイル ブリュー カンパニー 島田律子氏 × 泉橋酒造(株) 代表取締役 橋場友一氏 

伝統は“守る”のではなく“創る”もの  第四十一回  酒蔵が米作りに関して学ぶことで 迫力のある日本酒業界が生まれる

【週刊ホテルレストラン2019年06月14日号】
2019年06月14日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本酒造組合中央会認証「日本酒スタイリスト」として精力的に活動を続けるタレントの島田律子氏が、日本の伝統文化、日本酒の魅力を深く伝えることで、海外からのお客さまをおもてなしするホテル、レストランの力を向上させるためのヒントをお届けしていく本連載。
今回は神奈川県海老名市の蔵元、泉橋酒造㈱の代表取締役、橋場友一氏をお迎えした。「酒造りは米作りから」の信念のもと、栽培醸造蔵として酒米栽培から精米、醸造まで日本酒の一貫生産を行なう泉橋酒造は、純米酒(純米大吟醸、純米吟醸を含む)のみを製造している。また、地元の酒米生産者、JA、神奈川県の農業技術センターなどの協力を得ながら「さがみ酒米研究会」を組織している。米作りと酒造りを融合させた取り組みによって、酒蔵の新しい在り方を探求し続ける橋場氏と島田氏の対談の第3回をお伝えする。

スマイル ブリュー カンパニー 代表/日本酒スタイリスト 島田律子氏
泉橋酒造㈱ 代表取締役 橋場友一氏
橋場 友一(はしば・ゆういち)

1968 年神奈川県生まれ。証券会社に入社し、大阪に勤務していたときに阪神・淡路大震災が発生。思うところあって実家である酒蔵に戻る決意を固める。95 年泉橋酒造㈱入社。酒蔵の近隣農家の協力を得ながら、米作りから一貫生産で行なう酒造りを始める。「酒造りは米作りから」を掲げたビジネスモデルは、地域ぐるみの事業として拡大を続けている
 
島田 律子(しまだ・りつこ)
スマイルブリュー カンパニー代表・タレント・日本酒スタイリスト(日本酒造組合中央会認証) 日本酒の魅力を伝える講演・イベントの司会や出演など、年間100 本以上をこなす。TV 出演や雑誌などへの執筆も多く、そのエンターテイメント性の高さと分かりやすさから、ファンやリピーターが多い。飲食店や百貨店の売り場プロデュースの依頼も多く、NAGAE +『TRAVEL CHOCO』など酒器を始めとした商品開発や、女性ならではの視点から日本酒の美容・健康効果に着目。日本酒美容を取り入れた日本酒美容コスメ『MAIDEALE』をプロデュース。
HP: http://www.smile-brew.com/

週刊ホテルレストラン最新号
2019年07月19日号
2019年07月19日号
本体1,600円(税込)
【特集】“負けない”宿泊主体型ホテルは何が違うのか?
【トップインタビュー】
(株)ジェイアール東海ホテルズ 常務取締役 名古屋マリオッ…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE