ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 髙宮孝一郎  ウエディング“常勝組織の作り方の秘訣”  連載7  「平成最後の冬のブライダル商戦」に向けた購買満足度の高い接客のポイント
連載7 髙宮孝一郎  ウエディング“常勝組織の作り方の秘訣”  

連載7  「平成最後の冬のブライダル商戦」に向けた購買満足度の高い接客のポイント

【週刊ホテルレストラン2018年11月16日号】
2018年11月09日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

㈱ニューバリューフロンティア
代表取締役 髙宮孝一郎
〈PROFILE〉1980 年、香川県生まれ。2003 年株式会社プラン・ドゥ・シーに新卒入社。新プロジェクトの立ち上げに参画後、新規担当として年間120 組の婚礼施行、平均決定率68%という男性では異例の数字を獲得。年間MVPを最年少で獲得。また05 年、ブライダルマネージャーに最年少で着任し、08 年に本社経営管理部配属となる。09 年退社後、㈱ニューバリューフロンティアを立ち上げ、現在に至る。

 
「平成最後の冬のブライダル商戦」に向けた
購買満足度の高い接客のポイント
 
 気づけば「平成最後の夏のブライダル商戦」も終わり、施行のトップシーズンに突入いたしました。弊社はこの11 月に、業務拡大に伴い、本社を広尾から恵比寿に移転させていただきます。この移転に伴い、クライアント様へさらに強力なサポート体制をひけるようになりましたので、より一層、成約率アップ、集客数アップを実現して頂けるよう邁進して参ります。
 
 今回は、正しい即決とは何か? 購買満足度の高い接客のポイントとは何か? について、お伝えさせていただきたいと思います。
 
 最近、あるニュースで新規接客時の即決による成約からのキャンセル料の問題が取り上げられておりました。また私が訪問させていただく式場やホテルでも、「即決」=「キャンセル率高い」とか「即決」=「強引な接客」というネガティブな印象を持っているプランナーが多いのも事実です。

週刊ホテルレストラン最新号
2019年04月19日号
2019年04月19日号
本体1,600円(税込)
【特集】2018年 全国 都市の客室・定員稼働率および15エリアの客室指標
【トップインタビュー】
ヒルトン名古屋 総支配人 フィリックス・ブッシュ氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE