ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 【Japanese / English】 GONZOの日本酒SHOW 第7 回 蔵開き Kura Biraki (SAKE Festival)
第7 回 【Japanese / English】 GONZOの日本酒SHOW

第7 回 蔵開き Kura Biraki (SAKE Festival)

【週刊ホテルレストラン2018年06月08日号】
2018年06月08日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楯野川の挑戦
 
楯の川酒造は「楯野川」を製造し、全量純米大吟醸(精米歩合50% 以上)造りで華やかな香りとお米の味わいを優しく感じる、食中酒としてもお酒単体としても楽しめます。私が楯野川に出会った15 年前にはまだ純米酒も本醸造酒も造っていました。吟醸香の立ちこめるお酒がはやっていたころに、少し大人しめの吟醸香がワイングラスに注ぐとフワっと立ち上がりグラスによってお酒の味わいが全く別物のように変わるのかと気付かされたきっかけのお酒です。最近では高精白(お米をより磨く)のタイプのお酒にもチャレンジして、8% 精米の「極限」、7%の「七旗星」、そして昨年遂に酒米を1% まで磨いた「光明」を発売。蔵元・佐藤淳平さんは「挑戦した蔵にしかわからない」と自信を持って言っていました。この領域はまだ楯野川しか踏み入れていません。そしてこの味は「飲んだ人にしかわからない」ものなのです。蔵開きでのあの人気は、楯野川の挑戦を感じている人たちが集っているようにも感じた1日でした。
 
Tatenokawa’s challenge
 
Tatenokawa brewery produces“Tatenokawa”, a total junmai daiginjo (contains over 50% of milled rice) with fabulous aroma and delicate flavor of rice. It can be enjoyed with a meal or by itself. 15 years ago, when I first learned about Tatenokawa, the brewery was producing both junmai and honjozo. Back then, sake w ith ginjo flavor was popular. When I poured Tatenokawa in a wine glass, delicate aroma of ginjo exuded, and I realized how much the design of a glass could influence the aroma of sake. Recently, the brewery is challenging to produce sake made from highly milled rice, such as “Kyokugen” with 8% milled rice and “Shichikisei” with 7% milled rice. And finally last year, the brewery successfully launched “Komyo” with as little as 1% milled rice. Brewery owner, Junpei Sato confidently says, “we are the one and only brewery who took this challenge.”Indeed, Tatenokawa is the only brewery that had succeeded in the challenge. Only those who “tasted it” can experience the difference.The popularity of Kurabiraki made me feel that those who knew the challenge of Tatenokawa came to share their admirations.

週刊ホテルレストラン最新号
2019年09月20日号
2019年09月20日号
本体1,600円(税込)
【特集】「HOTERES EXPO 2019」開催 インバウンドねらいの供給過剰市場…
【トップインタビュー】
ザ・ペニンシュラ北京 総支配人 ヴィンセント・ピモン 氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE