ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 観光施設メディアラボ 公益社団法人国際観光施設協会編  ホテルの安全安心 施設の健康管理(配管の動脈硬化対策) 公益社団法人国際観光施設協会 理事、エコ・小委員長 ㈱佐々山建築設計 代表取締役 佐々山 茂
観光施設メディアラボ 公益社団法人国際観光施設協会編 

ホテルの安全安心 施設の健康管理(配管の動脈硬化対策) 公益社団法人国際観光施設協会 理事、エコ・小委員長 ㈱佐々山建築設計 代表取締役 佐々山 茂

【週刊ホテルレストラン2018年05月18日号】
2018年05月18日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公益社団法人国際観光施設協会 理事、エコ・小委員長 
㈱佐々山建築設計 代表取締役
佐々山 茂

 
 宿泊施設では耐震、アスベスト、設備の老朽化がハードの3 大リスクとなっている。旧耐震は昭和56 年以前の建物、アスベストは概ね昭和57 年以前の建物で問題になり、設備の老朽化は築20 〜30 年経過した時点で問題となる。バブル前後の建物が既に20~30 年経過しその域に入った。旅館はバブル前の8 万3000 軒、102 万室が現在3 万9000 軒、69 万室に激減した。減った客室数33万室を減った軒数4 万4000 軒で割ると1 軒当たりは7.5 室となる。このことから家族経営などの小規模旅館が廃業し、中規模以上の施設では経営者は代わっても古い建物は使い続けられていると考えられる。これらの施設では設備が経年劣化し、中でも配管の老朽化は切実な問題になっている。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年08月10日号
2018年08月10日号
本体3,200円(税込)
【特集】ホテルブランドの最先端を追う

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
観光革新の旗手たち  第17回  公益社団法人日本ブライダル文化振興協会(BIA)、日本ホスピタリティ・サービス産業団体協議会(JSC) 野田 兼義 氏 × 東洋大学 徳江 順一郎 氏
観光革新の旗手たち  第17回  公益社団法人日本ブライダル文化振興協会(BIA)、日本ホスピタリティ・サービス産業団体協議会(JSC) 野田 兼義 氏 × 東洋大学 徳江 順一郎 氏
(株)ドンキホーテホールディングス  (仮称)「渋谷区道玄坂二丁目開発計画」概要発表、11〜28階にホテル入居
(株)ドンキホーテホールディングス 
8月24日大阪、29日東京開催!  ホテレスオンラインサロン キャリアサロン(β版) 20代後半、30代をどう過ごすか? ~キャリアの大きなターニングポイントの過ごし方
8月24日大阪、29日東京開催!  ホテレスオンラインサロン キャリアサロン(β版)
ニッコー・ホテルズ・インターナショナル  国内外で初となるライフスタイルホテルの新ブランド「ニッコースタイル」『ニッコースタイル名古屋』 2020年に開業
ニッコー・ホテルズ・インターナショナル 
酒のSP “素晴らしい人生”に乾杯! 名古屋東急ホテル 岡山寛氏が優勝  Hennessy X.O.カクテルコンペティション2018
酒のSP “素晴らしい人生”に乾杯! 名古屋東急ホテル 
CLOSE