ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 小原康裕「世界のリーディングホテル」VOL154 ザ メリオン ホテル ダブリン
小原康裕「世界のリーディングホテル」

VOL154 ザ メリオン ホテル ダブリン

【週刊ホテルレストラン2017年11月10日号】
2017年11月10日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
小原 康裕
「世界のリーディングホテル」
ホテルジャーナリスト
小原 康裕 プロフィール

ザ・メリオン「The Merrion」の正面エントランス。ホテルの表札とLHWのプレートはあるが、凛としたドアマンが立っていなければ気付かないくらいだ。
ザ・メリオン「The Merrion」の正面エントランス。ホテルの表札とLHWのプレートはあるが、凛としたドアマンが立っていなければ気付かないくらいだ。

ザ・メリオン「The Merrion」のエントランスホール。アイルランドの首都ダブリンで伝統と格式を誇る迎賓館的ホテルだ。館内は決して華美な装飾に走らず、洗練された上品な空間が心地よい。
ザ・メリオン「The Merrion」のエントランスホール。アイルランドの首都ダブリンで伝統と格式を誇る迎賓館的ホテルだ。館内は決して華美な装飾に走らず、洗練された上品な空間が心地よい。

ザ・メリオン「The Merrion」は、アイルランドの首都ダブリンで伝統と格式を誇る迎賓館的ホテルだ。ダブリン市街地の中心部に位置しているが、国立美術館と国立歴史博物館に隣接する閑静な場所にある。建物は緻密に修復された英国ジョージ王朝時代のタウンハウス4棟から成り、アイルランドの建築史を垣間見ることができる。このホテルの良さは、派手な装飾のトーンを抑えた、実に控えめな外観のホテルと言える。大きな正面玄関を持たず、ホテルの表札とLHWのプレートはあるが、凛としたドアマンが立っていなければ気付かないくらいだ。

建物は緻密に修復された英国ジョージ王朝時代のタウンハウス4棟から成り、アイルランドの建築史を垣間見ることができる。
建物は緻密に修復された英国ジョージ王朝時代のタウンハウス4棟から成り、アイルランドの建築史を垣間見ることができる。

笑顔のスタッフが応対するレセプションデスク。
笑顔のスタッフが応対するレセプションデスク。

ガーデンウィングの中庭。夏はここにテーブルセッティングされたテラス席が用意される。
ガーデンウィングの中庭。夏はここにテーブルセッティングされたテラス席が用意される。

ホテルは国立歴史博物館に隣接する閑静な場所にある。
ホテルは国立歴史博物館に隣接する閑静な場所にある。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年05月18日号
2018年05月18日号
本体1,600円(税込)
【特集】ホテリエの賃金実態
【トップインタビュー】
東急ホテルズ 代表取締役社長 小林 昭人 氏 同執行役員事業企…

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE