ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 小原康裕の「世界のリーディングホテル」VOL153 ザ・グランド セントラル ホテル、グラスゴー
VOL153 小原康裕の「世界のリーディングホテル」

VOL153 ザ・グランド セントラル ホテル、グラスゴー

【週刊ホテルレストラン2017年10月20日号】
2017年10月20日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

創業当時を忍ばせるクラシカルな雰囲気のレセプションホール。メインストリート側、中央駅のコンコース側の双方のエントランスからゲストはこのホールで一緒になる。
創業当時を忍ばせるクラシカルな雰囲気のレセプションホール。メインストリート側、中央駅のコンコース側の双方のエントランスからゲストはこのホールで一緒になる。

グラスゴーはスコットランド最大の人口を擁し、貿易と造船などの重工業の中心地として大英帝国の発展に多大な貢献を果たして来た。かつてはロンドン、パリ、ベルリンについでヨーロッパで4番目に人口が多い大都市であった。英国病と言われた戦後の停滞期を経て人口は半減したが、現在は文化、芸術の街へと大きく変ぼうを遂げた。中心街のブキャナンストリートは活況を呈し、質の高い美術館やギャラリーなど北方の大都市の魅力は多い。

開通当時の機関車や客車の写真も飾られている。
開通当時の機関車や客車の写真も飾られている。

重厚なレセプションデスク。カウンター横には大型の鉄道時計が掲げられ、往時の歴史が伝わってくる。
重厚なレセプションデスク。カウンター横には大型の鉄道時計が掲げられ、往時の歴史が伝わってくる。

コンシェルジュデスク。
コンシェルジュデスク。

中央大階段下のコージーなラウンジ。
中央大階段下のコージーなラウンジ。

創建当時の特徴が色濃く残る大階段で、上層階から長く垂れたガラスのオブジェが美しい。
創建当時の特徴が色濃く残る大階段で、上層階から長く垂れたガラスのオブジェが美しい。

ビジネスセンターの入り口。
ビジネスセンターの入り口。

奥にはラウンジが用意されている。
奥にはラウンジが用意されている。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年02月16日号
2018年02月16日号
本体1,600円(税込)
【特集】日本市場をねらうIRオペレーター
【トップインタビュー】
ヒルトン小田原リゾート&スパ 総支配人 アンドレアス・ボッ…

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE