ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 北村剛史  新しい視点 「ホテルの価値」向上理論 〜ホテルのシステム思考〜 第256 回『スターカテゴリー別ロケーション要素』
第256 回 北村剛史  新しい視点 「ホテルの価値」向上理論 〜ホテルのシステム思考〜

第256 回『スターカテゴリー別ロケーション要素』

【週刊ホテルレストラン2017年03月10日号】
2017年03月10日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北村剛史
Takeshi Kitamura
㈱ホテル格付研究所 代表取締役所長
㈱日本ホテルアプレイザル 取締役
不動産鑑定士、MAI( 米国不動産鑑定士 )
MRICS(英国王室認定チャータードサーベイヤーズ)
慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科附属システムデザイン・マネジメント研究所研究員。ホテル・旅館の不動産鑑定評価会社である㈱日本ホテルアプレイザルの取締役。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科では「ホテル・旅館の人格性、パーソナリティー」をテーマに研究活動に従事

 
 通常、ホテルの格付け基準とは、何らかの基準に基づいた施設のランキング情報の提供を重視していることから、その評価要素はサービスレベルや顧客満足度等シンプルに一要素で構成される傾向が強く、ロケーションに関する情報は多くの場合含まれていません。つまり、ロケーション条件については、ホテルの格付け情報とは別途提供され、カバーされている必要があります。そこで、今回は各スターカテゴリー別に重視されるロケーション要素について考えてみたいと思います。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2017年04月21日号
2017年04月21日号
本体1,600円(税込)
【特集】2017 新年度 春風巻き込む注目企業
【トップインタビュー】
㈱ひらまつ 代表取締役社長 陣内 孝也 氏

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE