ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 大貫冬斗  コーネル大学 MBA 留学体験記  第二回: ホテルスクールの授業紹介
第二回 大貫冬斗 

コーネル大学 MBA 留学体験記  第二回: ホテルスクールの授業紹介

【週刊ホテルレストラン2019年01月25日号】
2019年01月25日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大貫冬斗(おおぬき・ふゆと)
早稲田大学スポーツ科学部を卒業後、総合不動産デベロッパーにてリゾート開発・運営事業ならびに空港コンセッション等投資事業を担当。2016 年より㈱ホスピタリティオペレーションズ勤務、現在は休職しコーネル大学ジョンソン・スクールにてMBA 取得のために留学中。
 
・コーネルMBA 日本人在校生サイト
 (https://johnson-japan.jimdo.com/
 
・ブログ Johnson Lifelog | Cornell MBA 留学記
 (https://www.fuyu.tokyo/

 
 コーネル大学ジョンソンスクールの大貫です。あっという間に秋学期が終わり、12 月の冬休み前半には、MBA のクラスメイト30 名強を連れてJapan Trek というツアーをアテンドしておりました。博多、広島、京都、箱根、軽井沢、そして東京を10 日間でまわりながら、企業訪問や観光を交えて日本について学んでもらう良い機会となりました。
 
 さて、今回は、私がこの秋学期に受講したホテルスクールの2 つの授業「Service Experience Management and Marketing」と「Properties Developmentand Planning」について、ご紹介いたします。
 
 ジョンソンスクール(MBA)のクラスのほとんどが、7 週間14 回のクラスでひとつの科目を扱うのに対し、ホテルスクールのクラスは14 週間28 回がベースとなっており、それぞれのトピックスについてより深く時間をかけて学ぶことができるのが特徴です。また、受講生の大半はホテルスクール生となりますが、私のようなMBA 生はもちろん、人事・組織、労使関係を学ぶMILR 生(Master of Industrialand Labor Relations)、都市計画を学ぶMRP 生(Master of Regional Planning)、ヘルスケアを専門とするMHA 生(Masterof Health  Administration)など、他学部からも受講する生徒が訪れます。
 

週刊ホテルレストラン最新号
2019年07月19日号
2019年07月19日号
本体1,600円(税込)
【特集】“負けない”宿泊主体型ホテルは何が違うのか?
【トップインタビュー】
(株)ジェイアール東海ホテルズ 常務取締役 名古屋マリオッ…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE