ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 国土交通省観光庁 参事官(観光人材政策担当) 田村 寿浩 氏 × 徳江 順一郎 氏  観光革新の旗手たち  第二十一回  観光立国実現のために 新しいフィールドで人「財」の育成を
第二十一回 国土交通省観光庁 参事官(観光人材政策担当) 田村 寿浩 氏 × 徳江 順一郎 氏  観光革新の旗手たち 

第二十一回  観光立国実現のために 新しいフィールドで人「財」の育成を

【週刊ホテルレストラン2018年12月07日号】
2018年11月30日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東洋大学 国際観光学部 准教授 徳江 順一郎 氏
東洋大学 国際観光学部 准教授 徳江 順一郎 氏
国土交通省観光庁 参事官(観光人材政策担当) 田村 寿浩 氏
国土交通省観光庁 参事官(観光人材政策担当) 田村 寿浩 氏

 観光立国実現に向けて、政府はさまざまな政策を打ち出している。2012 年には836 万人だった訪日外国人旅行者数は、翌年初めて1,000万人を超え、2017 年は2,869 万人にまで増加した。大変な勢いで増加していることが改めて驚きである。ご存知のとおり、政府は2020 年に4,000 万人、2030 年には6,000 万人という目標を掲げている。そのため、この勢いはまだまだ続くことになるわけである。
 
 こうした状況において、業界からは人材育成の重要性がしばしば聞かれるようになった。急速なインバウンド市場拡大のもとで、それをマネジメントできる人材の育成は、成長を持続するためにも欠かせない。そして、少子化が進んでいる中で、この業界を担う若手の確保と育成は喫緊の課題となっている。
 
 今回ご登場いただいた田村氏は、日本の観光政策の中心たる観光庁において、観光人材に関する政策を担当していらっしゃる。そこで、将来のわが国観光産業を担う人材の育成について、他面的にお話をうかがった。

 
将来の日本を支える観光
 
徳江 参事官はもともと、文部科学省にいらっしゃったのですね。
 
田村 そうなんですよ。大学卒業後に文科省に入省しまして、文化庁で国際業務に携わったり、日本スポーツ振興センターではロンドンにも滞在したりしておりました。警察庁で少年犯罪に関する仕事をしていたこともありますが、内閣官房時代には、オリンピック・パラリンピックの事務局にもおりましたので、実は観光ともご縁があるんです。
 
徳江 そして今は観光庁で参事官をしていらっしゃるということですね。それでは、政府の政策について、軽くお話いただけますでしょうか。
 
田村 2003年、小泉内閣のときに「ビジット・ジャパン・キャンペーン」が開始され、2008 年に観光庁が発足しました。安倍内閣になってからは、この流れが加速し、2015 年に「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議」を総理自らが議長として開催なさり、2016 年に最終とりまとめが行われました。ここで、訪日外国人旅行者数を2020 年に4000 万人、2030 年に6000 万人という目標値が示され、さまざまな政策が実行されています。

週刊ホテルレストラン最新号
2019年07月19日号
2019年07月19日号
本体1,600円(税込)
【特集】“負けない”宿泊主体型ホテルは何が違うのか?
【トップインタビュー】
(株)ジェイアール東海ホテルズ 常務取締役 名古屋マリオッ…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE