ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 濱田裕章  小さな会社のブランド構築  連載 19  新橋六丁目計画 開発準備
連載 19  濱田裕章  小さな会社のブランド構築 

連載 19  新橋六丁目計画 開発準備

【週刊ホテルレストラン2017年06月16日号】
2017年06月16日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

㈱龍名館 専務取締役
濱田裕章氏

基本計画- 客室
 客室レイアウトはさまざまなパターンを建築会社から提案をもらいました。約111坪というスペースでできることは限りがありましたが、それでもレイアウトは多く検討できるため、決定まで数カ月を要しました。
 
 今回の大きな方向性の一つとしては、客室数が63 室と比較的小規模な施設であることから、全室2 名利用できる仕様にすることを考えていました。数に限りがあるホテルビジネスで、売り上げを上げていくには単価を上げていくしかありません。海外客も増加傾向にあることを背景に弊社の既存ホテルでも2 名利用は増えてきています。シングルルームを「セミダブル」と謳い2 名利用することも一般的ですが、なるべく「詰め込み」の印象を与えないよう、可能な限り客室の広さを取り、ベッドも1600 幅のものを用意する予定です。ハードウェアはなかなか変更ができないため、将来の高まるニーズを期待して設計を進めました。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2017年07月21日号
2017年07月21日号
本体1,600円(税込)
【特集】ホテルの生涯顧客作りは写真スタジオとの協業にあり
【トップインタビュー】
ヒルトン ラグジュアリー&ライフスタイルブランド グローバ…

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE