ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • マリオット・インターナショナル  コートヤード・バイ・マリオット名古屋が2022年春に開業
マリオット・インターナショナル 

コートヤード・バイ・マリオット名古屋が2022年春に開業

2019年04月15日(月)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 同ホテルは、豊かな歴史・文化を有し、国内におけるものづくりの拠点でもある名古屋に位置し、観光やビジネスでの利用などに魅力的なホテルとなる予定。

■「コートヤード・バイ・マリオット名古屋」の特徴
 「コートヤード・バイ・マリオット名古屋」は、中部国際空港から車で45分、新幹線で東京から100分、大阪から50分の場所に立地。

最寄りの地下鉄東山線「伏見」駅から徒歩10分、各線「名古屋」駅から18分と、徒歩圏内です。トヨタ自動車(株)(愛知県豊田市)など多くの製造業が本社を置く中部地方において最大の都市に位置し、会社イベントや会議などが多く行われるエリアとなる。

また、徒歩15分以内で栄エリアにアクセスでき、ショッピング、食事、エンターテインメントなどを楽しめる。また、足を延ばせば、東山動植物園、レゴランドなどのレジャー、アトラクション施設もある。

 これまで36年にわたり、「コートヤード・バイ・マリオット」は最高のホテル体験を提供することで、ゲストがビジネスにもプライベートにも情熱に満ちたライフスタイルを追い求めるサポートをしてきた。
 
同ホテルは10室のスイートを含む360室の現代人のライフスタイルに合わせたゲストルームを擁し、同ブランドらしくスタイリッシュな心地よさとスマートな機能性を持ち合わせ、仕事をするのにもリラックスするのにも適した先進性と落ち着きを併せ持った環境を創り出している。
 
ゲストは、ビュッフェやライブキッチンの並ぶセミオープンキッチンレストラン、「Nagoya Kitchen(名古屋キッチン)」にて食事を堪能できる。フィットネスセンターに加え、ニーズの高いビジネス層に応えるため、2部屋に分割可能なボールルーム、4つの会議室も用意している。


■各社代表コメント
マリオット・インターナショナル アジア太平洋 最高開発責任者 ポール・フォスキー
「コートヤード・バイ・マリオット名古屋が既存のブランドポートフォリオに加わることにより、日本でのコートヤード・バイ・マリオットのさらなる成長を際立たせることでしょう。2018年には訪日外国人数が3,000万人を超え、日本はインバウンドにおける飛躍的な成長を見せています。名古屋は、ビジネス旅行者にとっては素晴らしい拠点であり、レジャーで旅行されている方にとっても様々な文化やエンターテインメントをお楽しみいただける地です」

(株)読売新聞東京本社 代表取締役社長 山口 寿一
「読売新聞は1975年に中部地方に進出して以来、読者や地域の方々の支援によって、名古屋を拠点に新聞を発行してきました。旧中部支社の跡地に誕生する当ホテルが、観光やビジネスで世界中の人々が集う場となり、地域へ恩返しできることを期待しています」

積水ハウス(株) 代表取締役社長 仲井 嘉浩
「当社との長きにわたるパートナーであるマリオット・インターナショナルとともに、名古屋にまた新たなホテルを開業でき、喜ばしく思います。当ホテルは、名古屋市やその周辺にて、多岐にわたるアトラクションを探索されたいレジャー目的の旅行者やビジネス目的の宿泊など様々なニーズのお客様にリラックスした滞在をご提供いたします」

 

マリオット・インターナショナル
www.marriott.com

(株)読売新聞東京本社
https://info.yomiuri.co.jp/index.html(会社案内サイト「読売新聞へようこそ」)

積水ハウス(株)
http://www.sekisuihouse.co.jp/

週刊ホテルレストラン最新号
2019年07月19日号
2019年07月19日号
本体1,600円(税込)
【特集】“負けない”宿泊主体型ホテルは何が違うのか?
【トップインタビュー】
(株)ジェイアール東海ホテルズ 常務取締役 名古屋マリオッ…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE