ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • ヒルトン  「F&Bマスターズ」日本・韓国決勝大会 6部門の優勝者決定
ヒルトン 

「F&Bマスターズ」日本・韓国決勝大会 6部門の優勝者決定

2019年02月04日(月)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(上段左から)コンラッド東京・赤司 典之<バー部門>、ヒルトン大阪・小村 亮<ソムリエ部門>、ヒルトン大阪・廣戸 耕<バリスタ部門>
(下段左から)ヒルトン小田原リゾート&スパ・菊池 優太<フォト部門>、ヒルトンニセコビレッジ・田村 裕都<料理部門>、ヒルトン東京・除村 千穂<菓子部門>

 
 2014年からアジア太平洋地域でスタートした「F&Bマスターズ」は、新たな才能の発掘と人材育成を目的とし、所属部署を問わず全チームメンバー(総料理長、料理長、ペイストリーシェフなど一部を除く)を対象とした、料理・飲料の知識、技術と創造性を競う大会だ。
 
 2018年度の大会は、菓子部門(WILLY WONKA Dessert Challenge)、料理部門(Culinary Challenge)、バリスタ部門(Barista Challenge)、ソムリエ部門(Wine Enthusiast Challenge)、バー部門(Mixologist Challenge)、フォト部門(Photo Challenge)の合計6部門で競技を実施し、16ホテルから予選を勝ち抜いた79名のマスターズ(=達人たち)が優勝を目指し決勝大会で競い合ったとしている。
 
 決勝大会を終え、ヒルトン 日本・韓国・ミクロネシア地区運営最高責任者のティモシー・ソーパーは、次のように述べている。
「F&Bマスターズは、料飲に関する最高の技術や才能を持つ人材を発掘し育てることを目標とし、様々なチームメンバーが参加できる革新的なコンテストです。
優勝者に授与される海外での料飲体験は、各部門における知見を得ることができます。
出場者の努力と情熱にスポットライトを当て、表彰することで、各ホテルで更に質の高い料飲体験をお客様に提供することにつながると確信しています。
2019年はヒルトンが創業100周年を迎える記念すべき一年です
決勝大会では、日本・韓国の各ホテルを代表する6部門79名のマスターズがしのぎを削り、2日間かけて勝負に挑みました。
今年のF&Bマスターズの優勝作品は、100周年記念メニューとして、お客様にもお届けいたします。」
 
 本年度の各部門の優勝者は、以下の通り。
 

 
 決勝大会は、フードジャーナリストはじめ各界の専門家など13名の審査員が審査項目に沿って厳正なる審査を行なった。
今年からの新しい競技として、いかに魅力的なインスタグラムの投稿をするかを競う「フォト部門」が設置され、出場者は他の決勝5部門の作品をスマートフォンで撮影し、70文字以内の紹介文を提出した。
 
 また初めての試みとして、『F&Bマスターズ』決勝大会の優勝者のメニュー(菓子部門、料理部門およびバー部門)を、ゲストにも楽しめるよう100周年記念メニューとして、創業100周年を迎える5月31日から、ヒルトン大阪、コンラッド東京、ヒルトンニセコビレッジなどの料飲施設で販売する予定だとしている。
 
 その他、菓子部門、料理部門、バリスタ部門、ソムリエ部門、バー部門の各優勝者には部門に合わせて世界各地への渡航費、ヒルトングループのホテル宿泊と各地での料飲体験、フォト部門の優勝者には豪華デジタルカメラと料飲体験ができる機会を授与された。
 
 ヒルトンでは、企業責任戦略の一環として、環境に対する影響を2030年までに半減するという目標を掲げている。
 
「F&Bマスターズ」においては、サステナブルな食材を使用するよう努めるとともに、プラスチック製品の使用削減を推奨しており、決勝大会ではWWF ジャパン(世界自然保護基金ジャパン) 自然保護室 プラスチック政策マネージャーの三沢 行弘 氏を講師として招き、「海洋プラスチック問題の解決に向けて」というテーマでワークショップを実施した。
 
 三沢氏は、生態系に深刻な影響を与えている海洋ごみの92%がプラスチックであり、一人当たりの「容器包装プラスチックごみ」の発生量では日本が世界で2番目に多いことに警鐘を鳴らした。
 
 そして、ワークショップに参加したヒルトンのチームメンバーはホテルでどのようにその削減に取り組めば良いかを議論したとしている。
 
 
<ヒルトン「F&Bマスターズ」日本・韓国決勝大会開催詳細>
 
決勝大会参加ホテル:16(日本14 / 韓国2)
ヒルトン東京/ヒルトン東京ベイ/ヒルトン東京お台場/コンラッド東京/ヒルトン小田原リゾート&スパ/ヒルトンニセコビレッジ/ヒルトン名古屋/ヒルトン大阪/コンラッド大阪/ヒルトン福岡シーホーク/ヒルトン沖縄北谷リゾート/ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート/ダブルツリーbyヒルトン那覇/ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城/コンラッドソウル/ヒルトン釜山
 
■日程:2018年1月30日(水)・31日(木)
■場所:ヒルトン大阪・コンラッド大阪
■6部門競技会:
菓子部門(WILLY WONKA Dessert Challenge):調理~審査/参加人数:14名
料理部門(Culinary Challenge):調理~審査/参加人数:13名
バリスタ部門(Barista Challenge):筆記試験~実技(3種類のコーヒー提供)/参加人数:13名
ソムリエ部門(Wine Enthusiast Challenge):筆記試験~実技(ペアリング等)/参加人数:13名
バー部門(Mixologist Challenge):筆記試験~実技(2種類のカクテル提供)/参加人数:14名
フォト部門(Photo Challenge):インスタグラムを利用/参加人数:12名
 
ヒルトン・ホテルズ&リゾーツ
www.hilton.com

週刊ホテルレストラン最新号
2019年08月16日号
2019年08月16日号
本体3,200円(税込)
【特集】なぜ今、SDGsが注目されているのか
【トップインタビュー】
インターコンチネンタルホテルズグループ(IHG) IHG・ANA・ホ…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE