ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ(株)  全室コンドミニアムタイプの新ブランド「ロワジール リビングスイーツ 瀬良垣」2019年7月開業!
ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ(株) 

全室コンドミニアムタイプの新ブランド「ロワジール リビングスイーツ 瀬良垣」2019年7月開業!

2018年12月21日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 ロワジールブランドは「その土地ならではの、上質なおもしてなし。忘れられない素晴らしい時間を、あなたに。」をコンセプトに、2018年12月現在、国内3ホテル、海外(韓国)1ホテルを展開している。新ブランドの「ロワジール リビングスイーツ」は名称のとおり、まるでその土地に「暮らす」かのように、自然体で愉しんでいただける空間を提供するとともに、沖縄の方言である“ゆくる”(=「寛ぎ」)をコンセプトに掲げるとしている。
 
「ロワジール リビングスイーツ 瀬良垣」は、那覇空港から車で約60分、沖縄県中部西海岸の恩納村に現在建築中で、全室にキッチン・ランドリーが付いたコンドミニアムスタイルのホテル。5,000㎡超の敷地に、客室棟・プール棟の2棟の建物と115台の平面駐車場で構成され、客室は45㎡から最大94㎡とゆとりある居住空間を提供するもの。また、プール棟にはリゾート感溢れるガゼボ付きのインフィニティプールを備えている。
 
 顧客ターゲットは20~30代の若い家族連れ、35歳以下の女性・男性のグループを中心に、ライフスタイルにこだわりを持つ幅広い世代を想定している。従来の高級リゾートホテルとは一線を画した、カジュアルでリラックスした休暇を楽しむ、「暮らす」ような滞在スタイルを実現するとしている。
 
 ソラーレホテルズでは、沖縄県内に2つのホテルを運営。これまで培ってきた沖縄の宿泊マーケットのノウハウを活かし、新しいリゾートのかたちを提案していくと発表している。
 
 
■ロワジール リビングスイーツ 瀬良垣 概要
◆施設概要
施設名(日本語表記):ロワジール リビングスイーツ 瀬良垣
施設名(英語表記):LOISIR LIVING SUITES SERAGAKI
所在地: 沖縄県国頭郡恩納村字瀬良垣ギナン原1860番4他
敷地面積: 5,411.78㎡
延床面積: 客室棟8,920.68㎡ プール棟653.22㎡
構造規模: 客室棟 地上7階建  プール棟 地上2階建
設計: 株式会社デザインスタジオ琉球楽団
内外装デザイン: 有限会社橋本夕紀夫デザインスタジオ
施工: 株式会社アイムホーム
開業日: 2019年7月10日予定
予約開始日・公式ウェブサイト公開: 2019年2月13日予定
総客室数・最大収容人数: 105室・489名
 
◆ホテル概要
部屋タイプ
タイプA:約55㎡(面積)、定員4 名、客室数6
タイプB:約45㎡(面積)、定員4名、客室数54
タイプC :約68㎡(面積)、定員4名、客室数40
タイプD:約94㎡(面積)、定員7名、客室数5
 
ホテル内設備: インフィニティプール、カフェ、スポーツジムほか
客室内設備: バスルーム、全自動式洗濯乾燥機、キッチン、掃除機など(全室)
インターネット環境:  全室・共用部 Wi-Fi完備
チェックイン・アウト: 15:00・10:00
交通アクセス: ❖自動車でのアクセス
一般道の場合、那覇空港から国道58号線へ出て北上し約90分。
高速道路の場合、那覇空港最寄の豊見城・名嘉地ICより沖縄自動車道を利用し、屋嘉ICで一般道に出て、県道88号線を万座毛方面へ。約60分。

 
ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ(株)
 

週刊ホテルレストラン最新号
2019年03月22日号
2019年03月22日号
本体1,600円(税込)
【特集】IR候補地のポテンシャルと動向
【トップインタビュー】
(株)東武ホテルマネジメント 代表取締役社長 重田 敦史 氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE