ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 桃井文子のオーナー社長のための辛口道場 連載92 社長!どんな働き方改革に取り組んでいますか?
連載92 桃井文子のオーナー社長のための辛口道場

連載92 社長!どんな働き方改革に取り組んでいますか?

【週刊ホテルレストラン2018年10月12日号】
2018年10月10日(水)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ数年、働き方改革をしましょうと国が率先推進して行なっています。この働き方改革、経営者と社員にとってどのような効果をもたらしていくのか? 私たちのウェディング業界にとっての働き方改革とはどんなことが考えられるのか。今回はこの話題について考えてみたいと思います。

㈱スプリングフィールド
代表取締役 桃井文子
〈プロフィール〉岡山市の老舗旅館、岡山石山花壇(現在のザ マグリット)の宴会営業スタッフとして入社。その後、婚礼部門を強化するプロジェクトを成功させ、年間2 組から339組までを達成したのは業界でも有名。同社にてウェディング・プランナー、マネージャー、支配人、営業企画室長、役員として活躍。また、関連会社 グレート:プランニングにてコンサルタントとして、12 年間、全国の数々のホテル、結婚式場の再生、婚礼強化に携わる。プランナー教育、マネージャー教育、経営者の良きアドバイザーとして定評がある。平成23 年、スプリングフィールドを設立。経営コンサルタント、衣裳・美容の内製化支援、式場のプロデュースを中心に現在活動中。2013 年5 月には、ニューヨーク支社を設立し、現地でもパーティーやイベントを手掛け、日本のウエディング、パーティーを広める活動もしている。

 
 皆さんの会社でもうすでに働き方改革でさまざまなことを取り組んでいらっしゃるとは思いますが、特にサービス業においては残業時間の管理が一番に上げられるのではないでしょうか?
 
 ウエディング業界においてはプランナーの長時間労働が非常に問題になっています。土日祝日の長時間労働に加えて仕事の責任も重たいため気が抜けません。最近ではプランナーのメンタルな部分での相談も多くなってきています。ウエディングプランナーはまちがえないことが当たり前。それ以上にお客さまに満足してもらいたいという気持ちでホスピタリティを持って働いています。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年12月07日号
2018年12月07日号
本体1,950円(税込)
【特集】本誌独自調査 全国ホテルオープン情報
【トップインタビュー 】
ヒューリックホテルマネジメント㈱ 取締役総支配人 兼 総料理…

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE