ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 今村慎太郎  本当のアレルギー対応を識る ――意外にも不完全な現状に喝! 第28回 オーガニックから食物アレルギー7品目不使用メニューへ
第28回 今村慎太郎  本当のアレルギー対応を識る ――意外にも不完全な現状に喝! 今村慎太郎  本当のアレルギー対応を識る ――意外にも不完全な現状に喝!

第28回 オーガニックから食物アレルギー7品目不使用メニューへ

【週刊ホテルレストラン2017年10月13日号】
2017年10月13日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NPO 法人アレルギーっこパパの会
理事長
今村慎太郎
Shintaro Imamura
〈Profile〉娘の食物アレルギーをきっかけに、アレルギー対応力が高い企業が食物アレルギーのない人たちから選ばれる社会を目指し、2013 年NPO 法人アレルギーっこパパの会を設立。研修・講演、メニュー開発やコンサルティング、アレルギー対応のためのコミュニケーションWEBサービス「アレコミュ」で、ホテルや飲食店など外食企業のアレルギー対応支援を行なっている。
NPO 法人アレルギーっこパパの会
http://www.arepapa.jp/

近年の食物アレルギーを含むアレルギー疾患の急増を受け2015 年12 月、アレルギー疾患対策への指針策定を国に義務づける「アレルギー疾患対策基本法」を実施。それにより、フードビジネスに携わる企業はもちろん、国民もまたアレルギー疾患に関する正しい知識を備え、注意を払うことを努めなければならない。そこで、現時点の当事者だけでなく、改めて識るべき「アレルギー対応」について発信する。
 

“あったらいいな”と妄想しつつ、現実世界では実現不可能だろうと思っていたレストランが実在します。東京都港区白金台の「アニバーサリーガーデン」、八芳園が運営するレストランです。提供されている料理は、コンセプトのテーマである「オーガニック、自然栽培食材」を軸とし「アレルギー特定原材料7 品目不使用」までもがテーマの一つとなっています。どのようにして、このコンセプトにたどり着いたのか。そして、「特定原材料7 品目不使用」にまで踏み込んだ理由は何か。今回はアニバーサリーガーデン支配人の甕(もたい)将行氏と料理長の柿迫太陽氏にお話を伺いました。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2017年10月20日号
2017年10月20日号
本体1,600円(税込)
【特集】IFFT/インテリア ライフ スタイル リビング 誌上ガイド…
【トップインタビュー】
(株)グランドニッコー東京 グランドニッコー東京 台場…

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE