ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 星野リゾート 大阪初進出  「大阪観光を心ゆくまで満喫するためのホテルに」新今宮駅 都市観光ホテル開発計画始動
星野リゾート 大阪初進出 

「大阪観光を心ゆくまで満喫するためのホテルに」新今宮駅 都市観光ホテル開発計画始動

2017年04月25日(火)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 同社が大阪市実施の「浪速区恵美須西3丁目16番街区用地売却に関する開発事業者募集プロポーザル」に応募し、計画案が採用されたもの。圧倒的な非日常感のあるロケーションに位置するラグジュアリーラインの「星のや」、高級温泉旅館の「界」、デザイン性と自然を掛け合わせたリゾートホテル「リゾナーレ」とは異なる、都市観光客をターゲットにした新しいスタイルのホテルとして、2022年開業を目指して計画していくとしている。
 
 同ホテルは、大阪およびその周辺を観光する旅行客が、大阪での滞在をより楽しむためのホテルとして計画していくとしている。パブリックエリアでは、大阪の食文化を感じられるレストランやカフェテリア、旅の疲れを癒せる大浴場、楽しい時間を過ごせるアミューズメント施設、宿泊客に向けた季節の催し物やパブリックビューイングなどのイベントを実施する場所など、大阪の歴史や文化に触れられるご当地感あふれるサービスを予定している。
 
 開発予定地の新今宮駅前は、大阪の風情と楽しさを色濃く残す新世界に近く、都市観光の拠点ともなりえる。大阪のシンボルでもある通天閣や新世界エリアが徒歩圏内で、都市観光を楽しむ旅行客にとって魅力的なロケーションとなる。交通手段においても、南海電鉄・JR大阪環状線の新今宮駅、地下鉄御堂筋線・堺筋線の動物園前駅に隣接し、関西国際空港から直接アクセスできることに加え、大阪市の中心部や観光名所への移動に便利な場所としている。
 
 なお取得した土地は、JR大阪環状線新今宮駅ホームに面した約1万4,000㎡。駅からの視認性の良さを活かし、ホテルの建物と一体になるような緑地「みやぐりん(仮称)」を設けることで、旅行客にとって魅力的なホテルにすると同時に、新今宮駅を行き交う人々にとっても、街中に緑を感じられるような景観をつくるとしている。これは「にぎわいの創出」や「駅前に相応しい都市景観の創出」という、大阪市が期待している事業内容にも応えるものだとしている。
 
 同社は、2017年4月1日より、北海道にある旭川グランドホテルの運営から都市観光市場へのサービス提供を開始しましており、本計画は、それに続く案件だとしている。都市観光ホテルの運営を通じて、新今宮駅周辺の活性化にも貢献していく。ハード面のみならず、地域の魅力を活かしたコミュニティとのコラボレーションなどを実施し「大阪観光を心ゆくまで満喫するためのホテル」を目指すとしている。
 
【施設概要】
名称:未定
場所:新今宮駅前(大阪市浪速区恵美須西3丁目16番街区)
敷地面積:1万3,909㎡
開業:2022年春(予定)
客室数:608室(予定)
客室面積:30平米~
 
星野リゾート
http://www.hoshinoresort.com/
 

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年06月22日号
2018年06月22日号
本体1,600円(税込)
【特集】デスティネーション愛知 内に秘めたポテンシャルがいよいよ花…
【トップインタビュー】
レッド・プラネット・ジャパン 代表取締役社長 ティム・ハン…

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE