ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 2022年3月25日号 トップインタビュー 駐日英国大使 ジュリア・ロングボトム氏 & 日本未上陸の注目“マグニフィセント”7ブランド
2022年3月25日号 トップインタビュー 駐日英国大使 ジュリア・ロングボトム氏 & 日本未上陸の注目“マグニフィセント”7ブランド

トップインタビュー 駐日英国大使 ジュリア・ロングボトム氏 & 日本未上陸の注目“マグニフィセント”7ブランド

【週刊ホテルレストラン2022年03月25日号】
2022年03月23日(水)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ENGLISH GIN#2 BRIGHTON GIN ブライトン Pavilion Strength

サステナブルな製造・流通を実践する次世代ジン
蒸留のための果実の皮むき、ボトルへの充填、ラベル貼り、ワックスがけなど、すべてが手作業という【BRIGHTON】。女性による設立・運営ということがわかる、非常に滑らかですっきりと飲みやすい優しいジンである。そのオーガニックな味わいは、ジンに馴染みの薄い飲み手にも、すんなりと受け入れてもらえそうな一本である。また、ラベルのデザインも愛らしく、女性的なセンスを感じさせるのも魅力。

 

BRIGHTON GIN ブライトン
Pavilion Strength

評価 from鎌田 真理氏
「オレンジを彷彿させる丸みのある酸が特徴的だという第一印象。ジンには珍しく、口あたりが柔らかくスムースですね。食前にロングカクテル、例えばアペロールを垂らして炭酸で割りピールを添えるような一杯に合うと思います。」
評価 from宮地 信吾氏
「シルキーな質感にびっくりしました。その中に、ボタニカルからくる心地よい苦味が溶け込んでいます。オレンジグラスなどガーニッシュを添えて、新しいテイストを加えるのも面白そうですね。ジンは初めてという方にもおすすめできます。」
評価 from浦田 晃一氏
「オレンジのような柑橘系の第一印象があったのですが、逆にモヒートなどに使っても面白いと感じました。ラベルも女性が好みそうな一本ですし、モヒートというメジャーなものに使うというと話題性も産めるのではないかなと感じました。」
評価 from富田 上総氏
「柑橘系の第一印象から、口に含むとクリーミーな口当たりで、まるで上質なウォッカを思わせるようなジンです。食前にもあうと思いますが、牡蠣などクリーミーな食材に合わせても面白いと思います。もちろんロックやストレートも楽しめます。」

 

BRIGHTON Story
ロンドンの南に位置するブライトン発のブランド。パッケージを含めたヴィーガン認証、地元への配送は電動カーゴバイクで行うといったエシカルでサステナブルな運営を目指している。IWSC やワールド・ジン・アワードをはじめ、数々の受賞歴を持つ。

週刊ホテルレストラン最新号
2022年05月20日号
2022年05月20日号
本体1,650円(税込)
【特集】afterコロナを見据えた、洗浄業務の効率化を考える
【トップインタビュー】
(株)ローズホテルズ・インターナショナル 代表取締役社長 …

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE