ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 2022年3月25日号 トップインタビュー 駐日英国大使 ジュリア・ロングボトム氏 & 日本未上陸の注目“マグニフィセント”7ブランド
2022年3月25日号 トップインタビュー 駐日英国大使 ジュリア・ロングボトム氏 & 日本未上陸の注目“マグニフィセント”7ブランド

トップインタビュー 駐日英国大使 ジュリア・ロングボトム氏 & 日本未上陸の注目“マグニフィセント”7ブランド

【週刊ホテルレストラン2022年03月25日号】
2022年03月23日(水)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イギリス産のジンやスパークリングワインも、近年はより充実

----イギリスのスパークリングワインは、もはやフランス産のシャンパンとそれほど違いがないのではないでしょうか。

シヴァ氏:製造方法は同じです。地域が違うだけと言ってもよいくらいの品質ではないでしょうか。実際、イギリスのワイン生産量の約 70%はスパークリングワインなのです。

大使:国際的なコンクールでも、イングリッシュ・スパークリングワインはシャンパンよりも高い評価を得ているものがあります。女王陛下もよくお飲みになられていますよ。

----お酒の種類も楽しみ方も多様化してきているようですね。自分の個性、好みに応じて選べるように進化しているということですか。

シヴァ氏:3つ星を持っているレストランもかなり多くなっています。20年前は100店舗以下でしたが、今では格段に増えています。

大使:イギリス人は食事にますます興味を持つようになっています。テレビ番組の『ブリティッシュ・ベイクオフ(※BBC制作の大人気料理コンテスト番組)』や、シェフのジェイミー・オリヴァー氏の影響もあって、自宅で料理をする人が増えました。それにつられ、食材が非常に重要になってきました。また、コロナ禍により外に出かけられないので、自分の家で食材を注文し、自分で料理をするという風潮になっています。

----コロナ禍が落ち着いたら、イギリスに食を求めた旅に行きたいという日本人も多いと思います。

大使:ロンドンはもちろん、ガストロパブはどこにでもあります。ぜひ探してみてください。よかったら食事前には、ジントニックやイングリッシュ・スパークリングワインを試してもらいたいです。また、スコットランドではジンやウィスキーの魅力に触れるツアーに参加することもできます。さまざまなエリアを訪ね歩き、素晴らしい食文化と自然を満喫してほしいです。

シヴァ氏:イギリスでは今、国境を越えた食の融合も進んでいます。そちらも楽しんでいただきたいです。

大使:伝統的な料理もよりモダンに進化しています。

----コロナが収束したら、イギリスにぜひ、ということですね。

大使:イギリスには、今(2022年2月現在)も検査なしで入国することができます。イギリスは常にオープンな国です。ぜひお酒と食の英国文化に触れにいらしてください。


 

週刊ホテルレストラン最新号
2022年12月02日号
2022年12月02日号
本体2,050円(税込)
【特集】本誌独自調査 全国ホテルオープン情報
【トップインタビュー】
ハイアットセントリック 金沢/ハイアットハウス 金沢 総支配…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE