ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 2020年8月7・14日号 グローバルSAKE マーケットの創造者たち 連載第2幕
第11回 2020年8月7・14日号 グローバルSAKE マーケットの創造者たち 連載第2幕

グローバルSAKE マーケットの創造者たち 連載第2幕 第11回

【週刊ホテルレストラン2020年08月14日号】
2020年08月12日(水)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸時代まであった国酒の文化を復刻日本の古酒を世界マーケットで展開する

日本酒造組合中央会認証「日本酒スタイリスト」として精力的に活動を続けるタレントの島田律子氏が、日本の伝統文化、日本酒の魅力を深く伝える連載の第2幕。「世界へ打って出る日本酒」に主眼を置き、輸出に力を入れる酒蔵、インバウンド対策が得意な酒蔵、ソムリエから見た日本酒の可能性などについて積極的に取り上げていく。「グローバル SAKEマーケットの創造者たち」と題したシリーズ、今回は総合人材サービスのパソナグループが “古酒のプラットフォーム”として立ち上げた(株)匠創生の代表取締役社長、安村亮彦氏を訪ねた。全国の蔵元から協力を得ることで多様な古酒を集めて創りあげた「古昔の美酒(いにしえのびしゅ)」シリーズを展開し、法人のギフト需要へのアプローチからエンドユーザーの啓発活動、さらにホテル、レストランに向けた古酒による新提案を進める匠創生は、日本の国酒を世界のマーケットで展開するビジョンを描く。「酒蔵支援」の姿勢で事業に取り組む安村氏に、古酒にかける思いを聞いた。

島田 律子(しまだ・りつこ)
日本航空(JAL)国際線CAとして 5年半勤務後、タレント活動を始める。2000年「利酒師」(SSI)取得後、2001年 日本酒造組合中央会より「日本酒スタイリスト」に任命される。TVや雑誌への出演、コラムの執筆など、メディアでの活動を多数こなす。また近年、訪日外国人に向けた日本酒の会の主催にも力を入れるなど、国内外に向け日本酒の魅力を広く発信する。
HP:http://www.smile-brew.com/ 


安村亮彦氏(やすむら・あきひこ)
1979年神奈川県生まれ(田舎は山口県の大島)。大学卒業後、人材系スタートアップ企業を経て(株)パソナに移り、HRコンサルタントとして企業の採用支援と転職希望者のキャリアカウンセリングに従事。2015年親会社に移り、若手幹部候補育成チームの立ち上げやグループ横断プロジェクトを担当。その後パブリックアートを展開する関連会社の取締役を経て、17年(株)匠創生を設立、代表取締役就任。伝統産業にかかわる人々のリアルキャリア支援として販路創出事業に全力を注ぐ。20年6月全国の蔵元から古酒を集めて創った新ブランド「古昔の美酒(いにしえのびしゅ)」を発売。
 

週刊ホテルレストラン最新号
2020年09月25日号
2020年09月25日号
本体1,650円(税込)
【特集】感染予防で広がる非接触型サービス
【トップインタビュー】
(株)東武ホテルマネジメント 代表取締役社長 小檜山 隆氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE