ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 無料ウェビナー「今後の戦略・オペレーションを “雰囲気” で決めてはいけない」
HOTERESウェビナー

無料ウェビナー「今後の戦略・オペレーションを “雰囲気” で決めてはいけない」

2020年07月02日(木)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※※
ご登録いただいたメールにウェビナーのURLが送られてこない場合はお手数ですが、
オータパブリケイションズ義田の下記アドレスまでご連絡をいただけますと幸いです。
yoshida@ohtapub.co.jp





◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
今下す決断は、未来を大きく左右します。
一方で、「こうすれば大丈夫」なんてゴールデンルールは存在しません。
 
- その決断、“雰囲気” で決めてませんか?
- 他社を見て、「右へならえ」で決めてませんか?
- 決断の根拠となる情報、それだけで大丈夫ですか?
 
「今後の戦略・オペレーションを “雰囲気” で決めてはいけない」
 
講師:(株)亜欧堂 代表取締役 堀口 洋明氏
 
日時:2020年7月16日(木) 15時30分~17時
 
◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 
徐々に経済活動が再開され、今後の宿泊を伴う旅行需要に多くの宿泊事業者が期待を寄せています。
 
その一方で事業者を悩ませるのは、今後の販売戦略やオペレーションの策定です。
 
ありがちなのは、

−「ほかのホテルもそうしているから」とか、
−「ニュースで言われていたり、有名な人が言っているから」とか、

明確な論拠無く、“雰囲気” で決めているようなものです。
 
そこに、今回の講師である堀口氏は警鐘を鳴らします。
 
- ほかのホテルの取り組みは正しいのでしょうか?
- ほかのホテルの取り組みは御社に合っているのでしょうか?
- あなたの考える施策の、マーケットがどれだけあるか把握していますか?
 
複数のホテルの支援を行ないながら幅広いネットワークで情報を得ている堀口氏の視点からの、これから回復が期待される宿泊需要を施設が取り込むための考え方、ポイントについてお話しをいただきます。
 
内容:
1.あなたの決断の根拠、それ、本当に大丈夫?
2.堀口氏が現在サポート施設に提案している検討フロー
      「 規制期・規制緩和期・回復期・安定期の検討」、「 損益分岐点計算」、「売上予測」
3.堀口氏の考える今後の宿泊施設の販売方法
 
---【ご参考】---
なお、亜欧堂ではこれまでも複数のホテルの経営・運営サポートを行なっているほか、現在は「新型コロナウィルス対策支援」として、複数の無料対策支援ツールなども提供しています。
 ■ 亜欧堂が提供している無料対策支援ツール。
 1.COVID-19 フレームワーク Vol_1 対策検討の全体像ツール
 2.COVID-19 フレームワーク Vol_2 回復期・安定期の検討ツール
 3.COVID-19 フレームワーク Vol_3 損益計算ツール
 4.ホテルの経費節減実践テクニック 2011年9月出版 冒頭加筆 2020年05月
 5.COVID-19 フレームワーク Vol_4 売上予測ツール
  ※詳細は以下ご覧ください。
  https://aoudo.blog/vs_covid-19
------------
 
先行きが見えない中で、適切な情報収集を行ない、論理的な考えで決断をしていくことはその後の戦略強化・修正においても重要です。
 
ぜひご参加ください。
 
■概要
日時:2020年7月16日(木)15時30分~17時
 ※オンラインのため途中入退室自由です
 ※オンライン入室開始15時15分~
 
参加費:無料
 
使用オンラインツール:ZOOM ※事前にZOOMの利用登録をお願いします。
 
定員:500名
申し込み:参加にはZOOM内での事前登録が必要です。
https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_9OrwB5_gTcCJre8JkO4_nw
 
対象:
 ホテル業界に関わる方すべて
 


週刊ホテルレストラン最新号
2020年07月24日号
2020年07月24日号
本体1,650円(税込)
【特集】“withコロナ”時代を生きる外食産業の店舗運営と展望
【トップインタビュー】
クージュー(株)代表取締役 CEO/ EGGS 'N THINGS JAPAN(株…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE