ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 岡村 衡一郎  サービス・イノベーション-Part2 ~現場と本部が一体で進めるイノベーション~  130 その転記、なくせないか? 問題解決は根本的アプローチで
130 岡村 衡一郎  サービス・イノベーション-Part2 ~現場と本部が一体で進めるイノベーション~ 

130 その転記、なくせないか? 問題解決は根本的アプローチで

【週刊ホテルレストラン2019年04月26日号】
2019年04月26日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

変化に追われるリーダーのための実践的イノベーションメソッドとして、ホテル業の事例にとどまらず、多く企業変革の現場から生まれた「チェンジング・メソッド」として紹介していた48 種。そのPart 2 としてお届けする。

Profile
岡村衡一郎
(おかむら・こういちろう)

1971 年生まれ。亜細亜大学卒。㈱船井総合研究所を経て、2004 年㈱スコラ・コンサルト入社。120 社を超える企業変革を支える。「会社が変わるとは何か」、「人がイキイキ働くには何が必要なのか」を考え続け、「一品」という変革コンセプトを発見、体系化する。支援先の起源や今あるリソースを足場に、「あるもの」から「ないもの」を生み出す一品イノベーションに多くの経営者ファンを持つ。変わるためのテコをあぶりだす「経営者オフサイト」、「『一品』で会社が変わるワークショップ」を主催。著書に『一品で会社を変える』(東洋経済新報社)『30 代でチームのリーダーになったら最初に読む本』(同社)など

 
ミスは科学的に解析できなければ、無くならない
 
 仕事のミスを減らす対策は、どの企業でも、当たり前のように行なわれている。しかし、その手の打ち方の違いで、結果が大きく変わってくるのが、ミスを減らす取り組みなのである。
 
 一番よくないのは、「気をつけましょう」が対策になっているケースだ。このように人的要素に原因を還元してしまう企業は、決して少なくはない。原因を人的なことで片づけているから、気をつけましょうとなるのだが、それではそのミスがなくなることはない。
 
 ミスをなくせる企業は、科学的である。まず、どの作業でミスが出るのかを徹底的に分析する。そして作業別に、月に何件、週に何件、日に何件と行なう。そして時間帯別ではどうなのかを把握する。前提には、誰がやっても同じ結果になるという、人とコトを分けた上での、仕事への向き合い方がある。人的還元主義になっている会社は、この逆だ。誰々さんは多くて、誰々さんは少ないというとらえ方になっていく。これでは、現状は隠され、真をつく対策までの道のりは遠い。
 

週刊ホテルレストラン最新号
2019年05月17日号
2019年05月17日号
本体3,200円(税込)
【特集】「ウェルネス」産業が成長トレンド
【トップインタビュー】
㈱近鉄・都ホテルズ 都リゾート 志摩 ベイサイドテラス 総支…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE