ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 本当のアレルギー対応を識る  ――意外にも不完全な現状に喝!  第44回 社会課題の解決に向けて動き出した4社の協同(前編)
第44回 本当のアレルギー対応を識る  ――意外にも不完全な現状に喝! 

第44回 社会課題の解決に向けて動き出した4社の協同(前編)

【週刊ホテルレストラン2019年03月08日号】
2019年03月07日(木)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年の食物アレルギーを含むアレルギー疾患の急増を受け、アレルギー疾患対策への指針策定を国に義務づける「アレルギー疾患対策基本法」が2015年より実施されたことから、フードビジネスに携わる企業はもちろん、国民もまたアレルギー疾患に関する正しい知識を備え、注意を払うことを努めなければならなくなった。
そこで、現時点の当事者だけでなく、改めて識るべき「アレルギー対応」について発信する。

NPO 法人アレルギーっこパパの会
理事長
今村慎太郎
Shintaro Imamura

〈Profile〉娘の食物アレルギーをきっかけに、アレルギー対応力が高い企業が食物アレルギーのない人たちから選ばれる社会を目指し、2013 年NPO 法人アレルギーっこパパの会を設立。研修・講演、メニュー開発やコンサルティング、アレルギー対応のためのコミュニケーションWEBサービス「アレコミュ」で、ホテルや飲食店など外食企業のアレルギー対応支援を行なっている。

NPO 法人アレルギーっこパパの会
http://www.arepapa.jp/

お話をうかがった方々。左手前から4 名、日本ハム・水谷さん、永谷園・石井さん、著者・今村、日本ハム・香川さん。 右手前から3 名、日本ハム・長嶋さん、ハウス食品・萩原さん、オタフクソース・田中さん
お話をうかがった方々。左手前から4 名、日本ハム・水谷さん、永谷園・石井さん、著者・今村、日本ハム・香川さん。 右手前から3 名、日本ハム・長嶋さん、ハウス食品・萩原さん、オタフクソース・田中さん

 オタフクソース、日本ハム、永谷園、ハウス食品。
いずれも食物アレルギーに配慮した食品に取り組んでいる企業4社が手を組み、食物アレルギーを社会課題と捉え、解決を目指して動き出しました。
2019 年1 月10 日に発信されたリリースは広くマスコミに取り上げられ、今後の動向が注目されます。
まさに、共同ではなく「協同」の言葉がふさわしいこの4 社の取り組みについて、今回、取り組みに至った経緯や、思いなどをお話していただきましたので、今回から2 回に分けてご紹介します。
以下、お話をしていただいた方々です。
 
・オタフクソース株式会社 商品企画部 田中亜紗美さん(以下「オ・田中」)
・日本ハム株式会社 ブランド・コミュニケーション室 水谷唯さん(以下「日・水谷」)、香川朱里さん(以下「日・香川」)、長嶋佐和子さん(以下「日・長嶋」)
・株式会社永谷園ホールディングス 広報室長 石井智子さん(「永・石井」)
・ハウス食品株式会社 食品事業一部 萩原祐樹さん(「ハ・萩原」) 

週刊ホテルレストラン最新号
2019年04月19日号
2019年04月19日号
本体1,600円(税込)
【特集】2018年 全国 都市の客室・定員稼働率および15エリアの客室指標
【トップインタビュー】
ヒルトン名古屋 総支配人 フィリックス・ブッシュ氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE