ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 2018年12月14日号  特集Ⅰ  「SAKE UNIVERSE」日本の味に、世界が夢中になる
2018年12月14日号 

特集Ⅰ  「SAKE UNIVERSE」日本の味に、世界が夢中になる

【週刊ホテルレストラン2018年12月14日号】
2018年12月14日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本酒市場が元気だ。輸出量はこの10 年ほどで倍増。業界全体に起こっているイノベーションで、米と水による神秘の酒が世界を魅了している。発酵の根幹にある日本独自の麹文化からも目を離せない。
世界のどこでも酒と食は、底知れぬ味覚のエンターテインメントだ。
 
----
本記事は2018年12月14日号特集の紹介記事です。
本誌では下記コンテンツについて大ボリュームでおおくりします。
ご興味・関心をいただいた方はぜひ本誌をお買い求めください!
 
HOTERES 2018年12月14日号はこちらでお買い求めいただけます。
 
電子版(ブラウザ閲覧型PDF)購入はこちら
 
----
 
CONTENTS

■ インタビュー「同じ日本酒でも変化が生まれる。その体験がエンターテインメント」コンラッド東京 北原康行氏

モダンフレンチ「コラージュ」
モダンフレンチ「コラージュ」
コンラッド東京 北原康行氏
コンラッド東京 北原康行氏

■ 小澤酒造「観光蔵の先駆けが見据えるSAKE TOURISM の次世代モデル」

小澤酒造㈱ 取締役 小澤幹夫氏
小澤酒造㈱ 取締役 小澤幹夫氏

■ 喜多屋「主人自ら酒造るべし」

4年に1度作り換える「日本一の大杉玉」 2トントラック14台分の杉を山から取ってきて自作する
4年に1度作り換える「日本一の大杉玉」 2トントラック14台分の杉を山から取ってきて自作する
㈱喜多屋 代表取締役社長 木下 宏太郎 氏(現在九州大学大学院にて発酵化学を学ぶ娘の理紗子氏と)
㈱喜多屋 代表取締役社長 木下 宏太郎 氏(現在九州大学大学院にて発酵化学を学ぶ娘の理紗子氏と)

■ 鳴門鯖「国際的な評価の礎は、鳴門とともに」

「 ナルトタイ 純米原酒 水ト米」は、明治時代に「速醸もと」の発明で知られ る故・江田鎌治朗氏が考案し、当時実現できなかった製法を再現したも の
「 ナルトタイ 純米原酒 水ト米」は、明治時代に「速醸もと」の発明で知られ る故・江田鎌治朗氏が考案し、当時実現できなかった製法を再現したも の
米国でも好評の吟醸のしぼりたて生原酒。缶入りのパッケージが人気だ
米国でも好評の吟醸のしぼりたて生原酒。缶入りのパッケージが人気だ

■ 七賢「キース・へリングがコラボレーション 古酒で仕込んだ貴醸酒のスパークリング日本酒『EXPRESSION2018』」

貴醸酒のスパークリング日本酒 「EXPRESSION2018」
貴醸酒のスパークリング日本酒 「EXPRESSION2018」
中村キース・ヘリング美術館にてアートの説明を受けるリリースパーティー参加者
中村キース・ヘリング美術館にてアートの説明を受けるリリースパーティー参加者

■ 和田龍酒造「酒は対話商品だ。お客さまとの太く長い信頼関係」

和田龍酒造㈱ 和田澄夫社長
和田龍酒造㈱ 和田澄夫社長
「和田龍登水」は米の品種違いで3種ある。左から、美山錦と山田錦、ひとごこち。
「和田龍登水」は米の品種違いで3種ある。左から、美山錦と山田錦、ひとごこち。

■ プレミアム・サケ・コンソーシアム「熟成酒を知れば、酒の楽しみが広がる。日本酒ブームのもと、熟成酒はどこに向かうか」

深まる米のうまみと豊かな芳香を伝える古酒
深まる米のうまみと豊かな芳香を伝える古酒
「プレミアム・サケ・コンソーシアム」代表取締役 上野伸弘氏
「プレミアム・サケ・コンソーシアム」代表取締役 上野伸弘氏
店舗の壁面にディスプレイされている古酒は1973年から現在まで。 それぞれの褐変の濃淡や色合いを眺めるだけでも美しい
店舗の壁面にディスプレイされている古酒は1973年から現在まで。 それぞれの褐変の濃淡や色合いを眺めるだけでも美しい
高輪の長期熟成日本酒専門BAR「酒茶論」
高輪の長期熟成日本酒専門BAR「酒茶論」

■ 特別対談「『妖艶な酒』笑四季の存在感に迫る」笑四季× GONZO

笑四季酒造 代表取締役 兼 CEO醸造責任者 竹島 充修 氏
笑四季酒造 代表取締役 兼 CEO醸造責任者 竹島 充修 氏
GONZO マスター 浅井 剛一 氏
GONZO マスター 浅井 剛一 氏

■ SSI インターナショナル「海外から関心が高まる日本酒。日本人の知識向上ともてなしの多言語化が急務」

日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会  専務理事/事務局長 SSI インターナショナル 会長日置 晴之 氏
日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会  専務理事/事務局長 SSI インターナショナル 会長日置 晴之 氏

■ 三和酒類「日本には麹があり、世界にはTUMUGI がある」

鹿山博康氏とカクテル「オリゼー・サワー」
鹿山博康氏とカクテル「オリゼー・サワー」
日本酒や焼酎の魅力の礎が、わが国独自の麹文化にある
日本酒や焼酎の魅力の礎が、わが国独自の麹文化にある

■酒類と日本酒に関するデータ集

・特定名称酒のタイプ別課税移出推移(1994年〜2015年)
・清酒の相手国別輸出実績の推移(2001年〜2016年)
・酒類販売(消費)数量の長期推移(1965年〜2014年)
・都道府県別の酒類販売(消費)数量(2015年度)
・都道府県別一世帯当たりの酒類・日本酒などの消費傾向と10年前増減(2016年と2006年)

----
本記事は2018年12月14日号特集の紹介記事です。
本誌では下記コンテンツについて大ボリュームでおおくりします。
ご興味・関心をいただいた方はぜひ本誌をお買い求めください!
 
HOTERES 2018年12月14日号はこちらでお買い求めいただけます。
 
電子版(ブラウザ閲覧型PDF)購入はこちら
 

週刊ホテルレストラン最新号
2019年03月15日号
2019年03月15日号
本体1,600円(税込)
【特集】IR候補地のポテンシャルと動向
【トップインタビュー】
(株)東武ホテルマネジメント 代表取締役社長 重田 敦史 氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE