ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • GONZOの日本酒SHOW 第18 回 新しい日本酒の提案 Recommend new style sake
第18 回 GONZOの日本酒SHOW

第18 回 新しい日本酒の提案 Recommend new style sake

【週刊ホテルレストラン2018年11月23日号】
2018年11月23日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲食店は数あれど、これほどマニアックでおいしい日本酒を数多く提供しているところはないと称される、白金高輪のダイニングバー「GONZO」。そんなGONZO のマスター浅井剛一氏が、日本酒の歴史と文化の話を交えつつ、ホテル・レストランでの提供方法までご紹介していきます。
 
There are many restaurants, but there are none which provide such delicious and numerous kinds of sake, which can please enthusiasts, as the dining bar "GONZO" in Shirokane-takanawa.  Mr. Gouichi Asai, the master of GONZO, will talk about the history and culture of sake, and introduce how to provide sake at hotels and restaurants.

浅井 剛一(あさい・ごういち)
1977 年東京生まれ。2004 年10 月、日本酒に合う肴、料理に合う酒をテーマとして白金高輪にGONZO をオープン。2006 年に唎酒師取得。
GONZO 東京都港区三田5-21-7
℡ 03-3449-5500
 
Goichi Asai
Born in Tokyo in 1977. In October 2004, GONZO was opened in Shirokane Takanawa, a theme for Sake marriage dishes, acquired sake taster in 2006.
GONZO 21-7, Mita 5, Minato-ku, Tokyo ℡ 03-3449-5500

 
スパークリング日本酒
 
 日本酒にもシュワシュワっとした発泡性のあるのをご存知でしょうか。色々と呼び名はありそうですが、スパークリング日本酒とでも言うのでしょうか。お祝いの時の乾杯や食事の時の始まりに不可欠なスパークリングワイン。コルク栓が抜かれ、静かに聞こえてくる「スポッ」という音。そして、フルートグラスと言われる細長い形状に緩やかに注がれる液体とキメの細かい泡。そして、グラスの中心から上がってくる気泡を見ると、これから始まる幸せの時間を予感させてくれるには充分なほどの画力があります。日本酒はご存知の通りお米を原料としており、このお酒があれば、最初の乾杯から食中酒までずっと日本酒でいけます(デザート酒的な日本酒もありますし)。
 
 この発泡の日本酒は大手の日本酒メーカーも製造していて最近よく目にしますが、実は今に始まったことでもなく、私の知る限り十数年ほど前からありました。その時は一の蔵酒造が造る「すず音」というグリーンの小瓶に入った甘口の発泡日本酒で、フルートグラスで飲むオシャレさとシュワシュワの味わいに「これが日本酒⁉」と感激した人は多かったと思います。ひと口飲むとシュワシュワっとした刺激が体内を伝い、あの甘めの味が食前酒的な役割にもなって、お料理に気持ちを持っていきやすくなります。
 
 
Sparkling Sake
 
Did you know that Japanese sake also has a bubbly fizziness? There seems to be various names, but it sounds natural to be called as sparkling sake, d oesn't it? Sparkling wine is indispensable for a toast at celebrations as well as for the beginning of meal times. The cork stopper is pulled out and there is a quiet sound, "pop". Liquid, along with foam of a fine texture, that is loosely poured into a glass with an elongated shape, which is called a flute glass. And when you look at the foam rising up from the center of the glass, it makes one imagine the time of happiness starting from that moment.
 
Sake is made from rice. Sparkling made with rice. If you have this sake, you can continue from the first toast to the middle of the meal with Japanese sake. (There is also sake which is like desert wine.) This sparking sake has also been produced by major sake brewers and it can be found quite frequently, but actually it isn’t something that started recently, and as far as I know it has been around for about 10 years now. At that time, it was the sweet sparkling sake called "Suzune" in the green small bottle brewed by Ichinokura sake brewery, and I think that there were many people who were deeply moved by its fashionable image of drinking it from a flute glass as well as by its fizzy taste, and thought "Is this sake!?". When you have a sip, a stimulating fizziness will go through your body, and that sweet taste also serves as an aperitif, making it easier for your feelings to go to the food.

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年12月14日号
2018年12月14日号
本体1,600円(税込)
【特集】特集Ⅰ SAKE UNIVERSE 日本の味に、世界が夢中になる 特集Ⅱ…
【トップインタビュー】
ハイアット ホテルズ コーポレーション アジア太平洋地区 グル…

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
トリップアドバイザー(株)  トリップアドバイザー「外国人に人気の日本のホテルと旅館2018」を発表!
トリップアドバイザー(株) 
2018年12月14日号  トップインタビュー ハイアット ホテルズ コーポレーション アジア太平洋地区 グループプレジデント デイビッド・ユデル氏、 ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄 総支配人 野口 弘子氏 
2018年12月14日号  トップインタビュー ハイアット ホテルズ コーポレーション アジア太平洋地区 グループプレジデント デイビッド・ユデル氏、 ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄 総支配人 野口 弘子氏 
ニッコー・ホテルズ・インターナショナル、ホテル日航熊本  客室改装3ヶ年計画をスタート。2019年3月16日(土)、13・14階の客室をリニューアルオープン
ニッコー・ホテルズ・インターナショナル、ホテル日航熊本 
2018年12月14日号  特別企画  ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄  ロケーションに依存しない、人による魅力で「元気になるリゾート」を目指す
2018年12月14日号  特別企画  ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄 
2018年12月14日号  特集 Ⅱ HACCPに沿った衛生管理で 冬も食中毒対策を
2018年12月14日号 
CLOSE