ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 【Japanese / English】 GONZOの日本酒SHOW 第15 回 世界に誇る発酵文化
第15 回 【Japanese / English】 GONZOの日本酒SHOW

第15 回 世界に誇る発酵文化

【週刊ホテルレストラン2018年10月12日号】
2018年10月12日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 飲食店は数あれど、これほどマニアックでおいしい日本酒を数多く提供しているところはないと称される、白金高輪のダイニングバー「GONZO」。そんなGONZO のマスター浅井剛一氏が、日本酒の歴史と文化の話を交えつつ、ホテル・レストランでの提供方法までご紹介していきます。
 
There are many restaurants, but there are none which provide such delicious and numerous kinds of sake, which can please enthusiasts, as the dining bar "GONZO" in Shirokane-takanawa. Mr. Gouichi Asai, the master of GONZO, will talk about the history and culture of sake, and introduce how to provide sake at hotels and restaurants.

浅井 剛一(あさい・ごういち)
1977 年東京生まれ。2004 年10 月、日本酒に合う肴、料理に合う酒をテーマとして白金高輪にGONZO をオープン。2006 年に唎酒師取得。
GONZO 東京都港区三田5-21-7
℡ 03-3449-5500
Goichi Asai
Born in Tokyo in 1977. In October 2004, GONZO was opened in Shirokane Takanawa, a theme for Sake marriage dishes, acquired sake taster in 2006.
GONZO 21-7, Mita 5, Minato-ku, Tokyo 
℡ 03-3449-5500

発酵の町 知多半島
 
 愛知県の知多半島は日本有数の発酵文化のエリアです。日本酒の製造が明治の初期は227 件(現在の名古屋市緑区地域も含む)ありました。当時で生産量は兵庫県灘に次ぐ2位。現在はだいぶ減り6 蔵ほどが知多の食文化にマッチする地酒を造っています。
 
明治政府になってから酒の産業が衰退しそこからお酢・みそ・しょうゆに転換する蔵が多くなりました。また海産物もフグ、たこ、のりも豊富に取れます。渡り蟹や海老なども採れるので和食に限らず洋食なども楽しめます。知多半島で採れた食材で絶景の海をバックにブイヤベースをいただくというのも贅沢の極みです。
 
The Town of Fermentation,Chita Peninsula
 
Chita Peninsula in Aichi Prefecture is Japan's for e most area for fermentation. In the early Meiji period, there were 227 places brewing sake (now, this includes the Midori Ward area of Nagoya). Production at the time was second only to Nada in Hyogo Prefecture. While the number has currently dwindled to only six breweries, these remaining places brew local sake matched to Chita’s food culture.
 
Since the decline of the sake industry in the start of the Meiji era, breweries switched to producing vinegar, miso, and soy sauce. The area also produces high volumes of marine produce such as pufferfish, octopus, and laver. Crab and shrimp are caught as well, meaning people here enjoy not only Japanese but Western food as well. Dining on bouillabaisse made from local produce from Chita Peninsula against a backdrop of the beautiful sea makes for utmost in luxury.

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年10月19日号
2018年10月19日号
本体1,600円(税込)
【特集】バスアメニティの新たな潮流
【トップインタビュー 】
ラッフルズ シンガポール 総支配人 クリスチャン・ウエストベ…

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE