ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 岡村衡一郎  サービス・イノベーション-Part2 ~現場と本部が一体で進めるイノベーション~  110 単位を小さく、ひらすら小さくで、世界一に近づく
110 岡村衡一郎  サービス・イノベーション-Part2 ~現場と本部が一体で進めるイノベーション~ 

110 単位を小さく、ひらすら小さくで、世界一に近づく

【週刊ホテルレストラン2018年11月09日号】
2018年11月09日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

変化に追われるリーダーのための実践的イノベーションメソッドとして、ホテル業の事例にとどまらず、多く企業変革の現場から生まれた「チェンジング・メソッド」として紹介していた48 種。そのPart 2 としてお届けする。

Profile
岡村衡一郎
(おかむら・こういちろう)
1971 年生まれ。亜細亜大学卒。㈱船井総合研究所を経て、2004 年㈱スコラ・コンサルト入社。120 社を超える企業変革を支える。「会社が変わるとは何か」、「人がイキイキ働くには何が必要なのか」を考え続け、「一品」という変革コンセプトを発見、体系化する。支援先の起源や今あるリソースを足場に、「あるもの」から「ないもの」を生み出す一品イノベーションに多くの経営者ファンを持つ。変わるためのテコをあぶりだす「経営者オフサイト」、「『一品』で会社が変わるワークショップ」を主催。著書に『一品で会社を変える』(東洋経済新報社)『30 代でチームのリーダーになったら最初に読む本』(同社)など

こまめに問題点をあぶりだすことで
的確に迅速に解決へと導かれる
 
 新聞によると、イギリスにあるトヨタ自動車の工場の在庫は4時間分だそうだ。EC の諸条件に関して、意見を述べた記事にそう書いてあった。4 時間の在庫は、サービス業の方には分かりにくいかもしれないが、レストランの冷蔵庫や、部屋で用いるシャンプーの在庫を、半日分もって、事業を回転させていることに近い。それが、日本の裏側にある工場の話であるが、ゆえに、そのすごさを感じる。
 
 生産ロットを小さくしていくことで、半日分の在庫になっている。売れた分だけつくるという究極のゴールに向かって、取り組んでいるから、できるのだろう。問題解決が上手な企業ほど、仕事の締めは頻繁に訪れる。ビジネス用語でいうところのPDCA のC の頻度が、まったくもって違うのだ。イギリスの工場では、数万人規模の取り組みにもかかわらず、一日2 回、改善のチャンスが訪れていることになる。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年11月16日号
2018年11月16日号
本体1,600円(税込)
【特集】本誌独自調査 客室売上効率から見た 日本のベスト150ホテル
【トップインタビュー】
㈱ラスイート 代表取締役社長 関 寛之 氏

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE