ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 松浦 誠  「人材育成において大切なこと」 第10回  何回言ったら覚えてくれるの?を解決する方法
第10回 松浦 誠  「人材育成において大切なこと」 

第10回  何回言ったら覚えてくれるの?を解決する方法

【週刊ホテルレストラン2018年10月05日号】
2018年10月05日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社アーバンマネジメント
常務取締役
講師統括マネージャー
松浦 誠
(プロフィール)
1983年2月大阪生まれ。
ホテルでの仕事にあこがれ、アメリカ・シアトルへ留学。帰国後ザ・リッツ・カールトン大阪へ入社し、レストランサービス業務にたずさわる。順調にキャリアを重ねる中、29歳のときに脳梗塞を患う。失意の底に沈むも、兼ねてよりお世話になっているお客さまからの紹介で、㈱アーバンマネジメントへ講師として参画。以後毎年2000名を超える受講者が参加する研修は、業態を問わず、人と接する喜びを体感し、自己表現を養うことで人生の質を向上させ、売上向上・離職率低下という成果につながると高い評価を得ている。
ホテル勤務時代のお客さまからの言葉「あなたのホスピタリティを後世に残してほしい」を胸に、日々人生をかけて、プロフェッショナルに必要な感性を伝える。
 
(企業情報)
※接客業の育成に関する研修の検討や相談は、下記へお問い合わせください。
㈱アーバンマネジメント TEL=06-6315-5777
Mail=matsuura@urma.co.jp
担当:松浦

〜職場での悩ましい問題〜
 
「何回言ったら覚えてくれるのか」「なぜ忘れるのか」、人材育成や部下のトレーニングに携わる方は、誰もがこう思ったことがあるのではないでしょうか。教えているときはしっかりと返事をしてくれるのに、覚えてくれない。本当は理解できていないのに「分かったふり」をする部下が多くて困る、そんな相談を研修の中で受けることがよくあります。
 
 教える側からすれば、教えたことはできるだけ早く覚えてもらわなければいけない。そうでなければ、実際の業務の中でミスが起こり、お客さまにご迷惑をおかけてしまいます。また、何度も同じことを説明するということは、そこに時間を費やすということですから、教える側の時間が奪われるという問題もあります。
 
 今回はこういった悩ましい問題を改善するために、私が研修の中で受講される方にお伝えし、実際に良い効果を生み出している、簡単で実践的な方法をご紹介したいと思います。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年12月14日号
2018年12月14日号
本体1,600円(税込)
【特集】特集Ⅰ SAKE UNIVERSE 日本の味に、世界が夢中になる 特集Ⅱ…
【トップインタビュー】
ハイアット ホテルズ コーポレーション アジア太平洋地区 グル…

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE