ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 今村 慎太郎  本当のアレルギー対応を識る ――意外にも不完全な現状に喝!  第35回 活動のキーワードは「食物アレルギーと旅」
第35回  今村 慎太郎  本当のアレルギー対応を識る ――意外にも不完全な現状に喝! 

第35回 活動のキーワードは「食物アレルギーと旅」

【週刊ホテルレストラン2018年06月08日号】
2018年06月08日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年の食物アレルギーを含むアレルギー疾患の急増を受け2015 年12 月、アレルギー疾患対策への指針策定を国に義務づける「アレルギー疾患対策基本法」を実施。それにより、フードビジネスに携わる企業はもちろん、国民もまたアレルギー疾患に関する正しい知識を備え、注意を払うことを努めなければならない。そこで、現時点の当事者だけでなく、改めて識るべき「アレルギー対応」について発信する。

NPO 法人アレルギーっこパパの会
理事長
今村慎太郎
Shintaro Imamura
〈Profile〉娘の食物アレルギーをきっかけに、アレルギー対応力が高い企業が食物アレルギーのない人たちから選ばれる社会を目指し、2013 年NPO 法人アレルギーっこパパの会を設立。研修・講演、メニュー開発やコンサルティング、アレルギー対応のためのコミュニケーションWEBサービス「アレコミュ」で、ホテルや飲食店など外食企業のアレルギー対応支援を行なっている。
NPO 法人アレルギーっこパパの会 http://www.arepapa.jp/

 
 容器包装加工食品のアレルギー物質表示義務化から15 年がたち、アレルギー対応食品が増える昨今、食物アレルギー患者家族にも暮らしやすい社会になりつつあると感じる一方、この領域で活動をしていると、子どもの食物アレルギーをきっかけに立ち上がる人たちにたくさん出会います。それは、まだ食物アレルギー患者家族にとって生きやすい社会が実現できていないことを意味しているのでしょう。
 
 今号では、子どもの食物アレルギーをきっかけに活動を始めた「アレルギーっ子の旅する情報サイトCAT( 以下、CAT)」を運営する村田愛さんをご紹介します。旅が好きな村田さんが子どもの食物アレルギーをきっかけに活動を始め、WEB メディア「アレルギーっ子の旅する情報サイトCAT」の運営をはじめ、最近はアレルギーマークプロジェクト、食物アレルギーに関するフリーペーパー「WAKUWAKU」など活動の幅を広げています。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年08月10日号
2018年08月10日号
本体3,200円(税込)
【特集】ホテルブランドの最先端を追う

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
観光革新の旗手たち  第17回  公益社団法人日本ブライダル文化振興協会(BIA)、日本ホスピタリティ・サービス産業団体協議会(JSC) 野田 兼義 氏 × 東洋大学 徳江 順一郎 氏
観光革新の旗手たち  第17回  公益社団法人日本ブライダル文化振興協会(BIA)、日本ホスピタリティ・サービス産業団体協議会(JSC) 野田 兼義 氏 × 東洋大学 徳江 順一郎 氏
(株)ドンキホーテホールディングス  (仮称)「渋谷区道玄坂二丁目開発計画」概要発表、11〜28階にホテル入居
(株)ドンキホーテホールディングス 
8月24日大阪、29日東京開催!  ホテレスオンラインサロン キャリアサロン(β版) 20代後半、30代をどう過ごすか? ~キャリアの大きなターニングポイントの過ごし方
8月24日大阪、29日東京開催!  ホテレスオンラインサロン キャリアサロン(β版)
ニッコー・ホテルズ・インターナショナル  国内外で初となるライフスタイルホテルの新ブランド「ニッコースタイル」『ニッコースタイル名古屋』 2020年に開業
ニッコー・ホテルズ・インターナショナル 
酒のSP “素晴らしい人生”に乾杯! 名古屋東急ホテル 岡山寛氏が優勝  Hennessy X.O.カクテルコンペティション2018
酒のSP “素晴らしい人生”に乾杯! 名古屋東急ホテル 
CLOSE