ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 今村慎太郎  本当のアレルギー対応を識る ――意外にも不完全な現状に喝! 第33回 今の外食環境に対する食物アレルギー患者家族の声
第33回 今村慎太郎  本当のアレルギー対応を識る ――意外にも不完全な現状に喝!

第33回 今の外食環境に対する食物アレルギー患者家族の声

【週刊ホテルレストラン2018年04月13日号】
2018年04月13日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年の食物アレルギーを含むアレルギー疾患の急増を受け2015 年12 月、アレルギー疾患対策への指針策定を国に義務づける「アレルギー疾患対策基本法」を実施。それにより、フードビジネスに携わる企業はもちろん、国民もまたアレルギー疾患に関する正しい知識を備え、注意を払うことを努めなければならない。そこで、現時点の当事者だけでなく、改めて識るべき「アレルギー対応」について発信する。

NPO 法人アレルギーっこパパの会
理事長
今村慎太郎
Shintaro Imamura

〈Profile〉娘の食物アレルギーをきっかけに、アレルギー対応力が高い企業が食物アレルギーのない人たちから選ばれる社会を目指し、2013 年NPO 法人アレルギーっこパパの会を設立。研修・講演、メニュー開発やコンサルティング、アレルギー対応のためのコミュニケーションWEBサービス「アレコミュ」で、ホテルや飲食店など外食企業のアレルギー対応支援を行なっている。
NPO 法人アレルギーっこパパの会 http://www.arepapa.jp/

今の外食環境に対する
食物アレルギー患者家族の声
 
 今年1 月、毎年恒例の「参加者全員の全アレルゲンに対応したイベント」を六本木のレストランで開催しました。NPO法人を立ち上げてから毎年開催し、今年で5 回目となるこのイベントは、いわゆる「外食が難しい子どもたち」にも通常の外食店舗の調理場で対応します。
 
 今年の参加者は64 名(スタッフを除く)、うち食物アレルギーがある子どもや大人が30 名でした。申告アレルゲンは約40 品目(卵、乳製品、小麦、えび、かに、そば、落花生、あわび、いか、いくら、カシューナッツ、キウイフルーツ、くるみ、ごま、大豆、たこ、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、メロン、マンゴー、パイナップル、桃、アーモンド、ココナッツ、生トマト、生のバラ科果物、魚卵、ナッツ類、ピスタチオ、アーモンド、カカオ、大麦、生肉、生魚、貝類、マスタード)で、これらを使用せず、ブッフェ形式で料理を提供しています。
 

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年07月13日号
2018年07月13日号
本体1,600円(税込)
【特集】新規開業ホテル動向分析
【トップインタビュー】
㈱からくさホテルズ 代表取締役社長 佐藤 亮祐 氏

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE