ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • Wプロフェッショナルズ 「求められる人材を探る」  第108回  ㈱ロイヤルパークホテル 常務取締役総支配人 笹井 高志 氏  × ㈱フェイス 代表取締役 福永 有利子 氏
第108回 Wプロフェッショナルズ 「求められる人材を探る」 第108回  ㈱ロイヤルパークホテル 常務取締役総支配人 笹井 高志 氏  × ㈱フェイス 代表取締役 福永 有利子 氏

活気あるホテルはお互いに 認め合い、できることを見出し 行動する“Can do”と組織力にあり

【週刊ホテルレストラン2018年02月09日号】
2018年02月09日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福永 日本橋は江戸時代の風情がありながらも再開発が進み、ファッショナブルなショッピングモールも続々オープンしています。貴ホテルは、この日本橋人形町の地で地域との共生を大切に地元に愛されるホテル作りに取り組み、今もなお、多くの住民や企業の方々が宴会などに利用されています。一昨年前から着任されまもなく2 年となられますが、着任されてから総支配人自ら陣頭指揮を執り、職場の環境改善に努めていらっしゃると伺いました。はじめに今日にいたるまでの足跡をお聞かせいただけますでしょうか。
 
笹井 1992 年、㈱横浜ロイヤルパークホテル入社以前は、ホテルオークラで勤め、その後親族が経営していた茶屋旅館の建て替えのために番頭も経験しました。ロイヤルパークホテルでは横浜を皮切りに仙台、そして再び横浜に戻り、現在の箱崎と3 つのホテルを経験しております。仙台では2011 年3 月11 日に起きました東日本大震災に遭遇いたしました。震災が起きたとき不測の事態の中でしたが、宿泊客や結婚式を挙げているお客さま、そして地域の住民の方々に地域のプラザとして、安心・安全にお過ごしいただけることを第一に必死に対応いたしました。とても貴重な体験だったと思います。振り返るとホテルオークラ時代にはレストランキャッシャーに向けたOJT で女性を対象にトレーニングをしたり、金沢の茶屋旅館に勤めている多くの女性たちが働きやすい環境を作ったり、そして横浜のウエディングおよび宿泊でも大半が女性スタッフという具合に、常に多くの女性の中でそのときどきの立場で取り組んできました。今や女性労働力をいかに活用し、活性化していくことの大切さを言われています。私自身はそれ以前に女性の力はホテル運営にとって欠かせない存在であり、女性に好まれるホテル作りをするためにも同じ目線でとらえられる女性の力をより一層高めていくことが不可欠だと思っています。
 
福永 女性同士の職場は人間関係が難しい面もあるのが実情です。最近では先輩に厳しい口調で注意されただけで辞めてしまう新卒入社もいるとお聞きします。昔は先輩たちの背中を見て、自分もいつかは先輩のようになろうと思って必死で学びましたが、昨今は仕事を覚えることより先に、人間関係を重視する傾向があるようです。そのために、コミュニケーションを重視した人間関係の構築が重要になるのでしょう。
 

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年05月18日号
2018年05月18日号
本体1,600円(税込)
【特集】ホテリエの賃金実態
【トップインタビュー】
東急ホテルズ 代表取締役社長 小林 昭人 氏 同執行役員事業企…

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE