ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • SAQ=スピード・アジリティ・クイックネス キャリアデザインは口に出して言え 福永健司のキャリア論
第四三回 キャリアデザインは口に出して言え 福永健司のキャリア論

SAQ=スピード・アジリティ・クイックネス

2017年12月12日(火)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スピード感がほしいです。
 
 物事を推し進める。決断をする。行動を起こす。すべてにおいてスピード感がほしいです。
 
 現代社会にはスピードが肝要です。特にビジネスシーンではスピード感こそが命といっても過言ではありません。
 
 時と場所を選ばない(選ばせない)ネットやモバイルの環境に我々の多くは蹂躙されスピード感をもった判断をビジネス、プライベートを問わず求められます。
 
 タイムリーに判断しない(できない)結果として、極端なことを言えば機会がすり抜けていきます。逆にスピード感を意識すれば多くの機会を手中にできる可能性が広がります。
 

 
 “狭い日本そんなに急いでどこに行く?”という車のスピード違反を注意する標語がありました。車道では必須のこうしたルールや規範も現実社会には関係がなくむしろ国境もなく、情報が瞬く間に発信され、多くの経験談や事象を簡単に手に入れられる状況下では、急いで進め、急いで決めろという考えをあながち否定はできなくなります。
 
 ビジネスも、個人レベルでもそうですが、あなたがやらなければあなた以外の誰かがそれをやります。これは確実です。
 
 スピード感をもって決断ができなかったことによりできなかった、やらなかったことで後悔するのか? それとも実行して、やったことを後悔するのか?
 
 あなたはどちらでしょう?
 
 したがって、決断のスピードと品質を確保するために自身の“尺度”が必要です。
 
 個人的なことであればそれが“好き”か、“嫌い”か、ビジネス上では“時間”と“お金”と“リスク” という尺度により可能な限り物事をシンプルに考えスピード感を醸成することを心がけています。

 

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年09月14日号
2018年09月14日号
本体1,600円(税込)
【特集】マカオの統合型リゾートを支える日本人
【トップインタビュー】
城山観光㈱ SHIROYAMA HOTEL kagoshima 代表取締役社長 東 …

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE