ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 三井不動産グループの新ホテルブランド『ザ セレスティンホテルズ』第1 号  『ホテル ザ セレスティン京都祇園』 9 月7 日開業
三井不動産グループの新ホテルブランド『ザ セレスティンホテルズ』第1 号 

『ホテル ザ セレスティン京都祇園』 9月7日開業

2017年08月30日(水)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ホテルザ セレスティン京都祇園』外観
『ホテルザ セレスティン京都祇園』外観
客室(デラックスツイン)
客室(デラックスツイン)

 
京都エリアでは、アッパーミドルクラスの宿泊主体型ホテルである「三井ガーデンホテル京都新町別邸」、「三井ガーデンホテル京都三条」、「三井ガーデンホテル京都四条」の3 ホテルを既に運営しているが、今回、ハイクラスブランドの『ホテルザ セレスティン京都祇園』の開業により、計4 ホテル、733 室を運営することとなった。
 
『ホテルザ セレスティン京都祇園』は、京都東山エリア・八坂通に面した情緒溢れる閑静なエリアで、祇園・清水寺・鴨川等にほど近く、文化・歴史を身近に感じられるロケーションに誕生する。
 
「東山悠遠(ひがしやまゆうえん)の邸」を開発コンセプトとし、館内は、ロビー階および客室階5 層の計6 フロアで構成されている。ロビー階には、スパ(大浴場)、レストランが、エントランス階には、ゲスト専用ラウンジおよび「BAR 近江栄(おうみえ)」があり、どの施設からも自然を感じられる庭園を臨むことができる。客室は、日本の伝統様式や京の歴史・風景を現代に置き換えてデザインし、靴を脱いでくつろぐスタイルを採用。「東山」「八坂」を冠したデラックスタイプのコンセプトルームも用意している。
 
レストランは、㈱圓堂が手がける天ぷらの名店「八坂圓堂(やさかえんどう)」の新店が出店。数寄屋造りと現代建築の調和した店内は祇園花街の舞台をモチーフにしており、「京都の朝」がテーマの朝食や、京懐石をベースにした食事を楽しめる。
 
サービス面の特長としては、ゲストにホテル到着時から京都の風情を感じてもらえるよう、着物を着たスタッフがエントランスでゲストを迎えるほか、ロビーのソファに座ってチェックインを行う「シッティングチェックイン」を採用。また、ゲスト対応の際は、スタッフの氏名とともに手書きのメッセージを添えた「エンゲージカード」を渡し、スタッフひとりひとりの顔が見える細やかなサービスの提供を目指すとしている。
 
以下、リリースのとおり。

『ホテル セレスティン京都祇園』 詳細
1. 立地
当ホテルは、観光都市京都の中でも、古都の風情が色濃く残る東山地区・八坂通に面した場所に立地し、当該地は歴史遺産型美観地区に指定されています。周辺には、京都を代表する花街・祇園があり料理店が集まる一方、国宝を有する京都最古の禅寺建仁寺をはじめ、清水寺、高台寺、八坂神社等の数多くの名刹・古刹や、鴨川、東山山麓の自然にも囲まれた絶好のロケーションとなっております。
 
2. 開発コンセプト
京都東山の風景の中に佇む「東山悠遠の邸」をコンセプトとして開発いたしました。外観デザインは、京都の伝統を映した入母屋屋根と現代建築を調和させ、京都産の杉をふんだんに用いた力強いファサードとなっています。外構は、生野丹波石の石積を基壇とし、アカマツ、ヤマザクラ、イロハモミジ等を配し、東山の原風景と四季折々の移ろいを感じ取れるデザインにしました。インテリアデザインは SIMPLICITY および三井デザインテック、造園デザインは荻野寿也景観設計が手がけています。
 
3. 施設概要
(1)エントランス
まるで別世界に入ったような静けさを感じていただけるよう、エントランスを抜けると空気感が変わるような「境界線」をテーマとしています。太古の昔、この地は山々に囲まれた湖だったことから、湖を感じさせる三木瑛子作「水の鉢」アートが設置されており、お客さまの到着時には、着物を着たスタッフがお迎えいたします。

エントランス
エントランス
三木瑛子作「水の鉢」
三木瑛子作「水の鉢」

(2)ロビー
八坂通から一歩奥まった場所に位置したエントランスを抜け、ホテルに入ると高さ約6m の2 層吹き抜け空間が広がります。花器のアートを配置しており、坪庭の自生の緑とともに「自然と人為」を表現しています。また、枯山水をモチーフにしたオブジェや世界・日本・京都を表した立体アートパネルがロビーのアクセントとなっています。パーソナライズドホスピタリティを目指す当ホテルでは、お客さまが到着してすぐにお寛ぎいただけるよう「シッティングチェックイン」を取り入れ、ウェルカムドリンクをご提供いたします。

2 層吹き抜けのロビー空間
2 層吹き抜けのロビー空間
安斎賢太作「花器」
安斎賢太作「花器」

(3)庭園
客室に囲まれた庭園は、東山の「山中の庭」をテーマとしており、四季の変化を体感することができます。また、枯山水の様式を取り入れ、砂利で山の中を流れる渓流を表現しています。

枯山水の様式を取り入れた庭園
枯山水の様式を取り入れた庭園

(4)レストラン「八坂圓堂 THE CELESTINE KYOTO GION
お茶屋であった先代から約100 年にもわたり祇園の地で愛され続けている天ぷらの名店、八坂圓堂による「八坂圓堂 THE CELESTINE KYOTO GION」が出店。数寄屋造りと現代建築の調和した店内は、祇園花街の舞台やお茶席をモチーフに、京格子で仕切られた大小テーブル席や、落ち着いた半個室、二つの板前カウンターを設えました。朝食には揚げたての天ぷらもメニューに取り揃えた和洋ビュッフェスタイルを、夕食にはコース料理をご提供し、オリジナルメニューとともにおもてなしいたします。
 
【営業時間】 朝食 6:30~10:30(最終入店10:00)
夕食 17:00~22:00(料理ラストオーダー21:15)
※年中無休
【座 席数】 80 席
※天ぷらカウンター8 席・寿司カウンター8 席は5 名様より貸し切り対応いたします。
※半個室あり
【電話番号】 075-551-3035

「八坂圓堂 THE CELESTINE KYOTO GION」
「八坂圓堂 THE CELESTINE KYOTO GION」

(5)ゲストラウンジ/「BAR 近江栄」
宿泊者専用のゲストラウンジは、コーヒー、紅茶、ジュース、お菓子などを無料でご用意しております。夜は宿泊者以外の方にもご利用いただくことができる、八坂圓堂が手がける「BAR 近江栄」となり、カクテルを片手に大人の時間をお過ごしいただけます。壁面には和紙職人ハタノワタル氏による黒谷和紙を採用。落ち着いた雰囲気でありながら差し込む陽の光とのコントラストで「光と陰」を表現した空間に、木工作家中西洋人氏による花器を設えました。京都に関する書籍や雑誌も取り揃えているほか、一筆箋もご用意しており、さらに、折り紙や紋切り遊びなど日本ならではの文化もお楽しみいただけます。
 
【営業時間】 ゲストラウンジ 13:00~18:00
「BAR 近江栄」 19:00~25:00
【座席数】 16 席
 

ゲストラウンジ
ゲストラウンジ
「BAR近江栄」
「BAR近江栄」

(6)スパ(大浴場)
ゆったり疲れをいやす館内のスパから眺められる坪庭は、やわらかい光の陰影や、土と鮮やかな緑のコントラストを表現しています。宿泊者は無料でご利用いただけ、基礎化粧品などこだわりのアメニティが、入浴後のリラクゼーション効果を高めます。
【営業時間】 6:00~10:00、15:00~26:00

スパ(大浴場)から臨む坪庭
スパ(大浴場)から臨む坪庭
パウダールーム(女性用)
パウダールーム(女性用)

(7客室
総客室数はツインベッドルームを中心とした157 室。すべての客室は、「シンプルな中にもサプライズを」をインテリアデザインのコンセプトとし、昼はシンプルで明るく透き通った雰囲気、夜は間接照明とペンダント照明だけで構成される照明デザインによって、違った雰囲気が楽しめるようデザインされています。また、アメニティとしてフランス発祥の、茶道をテーマにした「THEMAE」のシャンプー、コンディショナー、ボディウォッシュ、ソープ、ボディローションを全客室にご用意しており、自然由来にこだわった、ティー・エッセンスを配合した香り高いアメニティで贅沢なひと時をお過ごしいただけます。そのほかにも、お持ち帰りいただける風呂敷や、京都の風情を楽しむアイテムとして浴衣や館内下駄、湯かごもご用意しています。ミニバーには、京にこだわった、京都の酒蔵 佐々木酒蔵の「西陣」、祇園黒七味などのほか、お茶を贅沢に嗜んでいただけるよう、西川貞三郎商店プロデュースの清水焼の茶器および珈琲碗もご用意しています。
 
【茶器・珈琲碗】西川貞三郎商店
※西川貞三郎商店…1917 年に創業し、今年100 周年を迎える。京都・五条大和大路通りに位置し、清水焼を中心とした陶器などを国内外にプロデュースしている。

客室(セレスティンツイン)
客室(セレスティンツイン)
アメニティ「THEMAE」
アメニティ「THEMAE」
清水焼の茶器
清水焼の茶器
ホテルオリジナル風呂敷

<コンセプトルーム>
特別なコンセプトと眺望の60 ㎡以上のコンセプトルーム 「セレスティンデラックス八坂」「セレスティンデラックス東山」を計5 室設えました。

「セレスティンデラックス八坂」
テーマは「TEA ROOM」。チェックイン後の客室へご案内の際、客室にご用意した種類豊富なお茶からお好みの一品をお選びいただき、スタッフがお茶を振る舞います。京都に本店を構えるお茶の専門店「一保堂茶舗」のもとで専門知識を学んだスタッフによる、祇園ならではのおもてなしをご体感いただけます。また「セレスティンデラックス八坂」だけの特別な花器やハタノワタル氏のアート作品で空間に彩りを添えています。ベッドルームとリビングルームは独立タイプ、洗面はダブルベーシンとなっており、ベッドはサータ社最上級ラインを採用しました。アメニティには、資生堂のホテルアメニティとしては最高級ラインのルモンドールをご用意しております。

セレスティンデラックス八坂
スタッフによるお茶振る舞いイメージ

「セレスティンデラックス東山」
東山を一望できる最も広い客室で、テーマは「京の気韻」。京都ならではの滞在の時間を過ごしていただけるよう、障子のモチーフや畳、柔らかい行灯の灯りによる空間の「設え(しつらえ)」となっています。東山の山並みに向かった文机ではホテルオリジナルの葉書に毛筆で手紙をしたためることができ、また、着物の着付けなどを行うことができるよう広いドレッシングルームを設けました。ベッドはサータ社最上級ラインを採用し、アメニティには、資生堂のホテルアメニティとしては最高級ラインのルモンドールをご用意しております。

セレスティンデラックス東山

<客室タイプ>
部屋名称                            専有面積              ベッド幅             客室数
スーペリアダブル              約 26 ㎡              1,600mm           5 室
コンフォートダブル          約 28~32 ㎡      1,600mm           10 室
スーペリアツイン              約 30~35 ㎡      1,200mm           120 室
デラックスツイン             約 34~37 ㎡     1,200mm            13 室
セレスティンツイン           約 43 ㎡              1,200mm           3 室
セレスティンデラックス八坂約 61 ㎡         1,200mm            2 室
セレスティンデラックス東山約 64~66 ㎡ 1,400mm             3 室
アクセシブルツイン 約 31 ㎡                      1,200mm           1 室
計 157 室

ホテル セレスティン京都祇園
TEL:075-532-3111
URL:https://www.celestinehotels.jp/kyoto-gion/

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2017年09月22日号
2017年09月22日号
本体1,600円(税込)
【特集】日本酒でもてなす酒のセールスプロモーション
【トップインタビュー】
ホテルニューグランド 常務執行役員 総支配人 青木 宏一郎 氏

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
㈱グランビスタ ホテル&リゾート  新ブランド「INTERGATE HOTELS(インターゲート ホテルズ)」誕生 『ホテルインターゲート京都 四条新町』 2018年3月、『ホテルインターゲート東京 京橋』 2018年4月開業
㈱グランビスタ ホテル&リゾート  新ブランド「INTERGATE HOTELS(インターゲート ホテルズ)」誕生
「ホテリエが選ぶホテル」日本一は? 週刊ダイヤモンド×週刊ホテルレストラン コラボレーション企画
週刊ダイヤモンド×週刊ホテルレストラン コラボレーション企画
トップインタビュー  ホテルニューグランド 常務執行役員 総支配人 青木 宏一郎 氏
トップインタビュー  ホテルニューグランド 常務執行役員 総支配人 青木 宏一郎 氏
「料理人の教育論」第十二講  ザ・プリンス さくらタワー東京、グランドプリンスホテル高輪、グランドプリンスホテル新高輪  総料理長  鈴木 房雄氏
「料理人の教育論」第十二講  ザ・プリンス さくらタワー東京、グランドプリンスホテル高輪、グランドプリンスホテル新高輪  総料理長  鈴木 房雄氏
特別インタビュー  クオリティ・サービス・コンサルタント 桧垣 真理子氏 クオリティ・サービスは、熱い想いと 実現する仕組みから生まれる
特別インタビュー  クオリティ・サービス・コンサルタント 桧垣 真理子氏
CLOSE