ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 小原康裕の「世界のリーディングホテル」 VOL139 リッツ・カールトン モスクワ
VOL139 小原康裕の「世界のリーディングホテル」

VOL139 リッツ・カールトン モスクワ

【週刊ホテルレストラン2017年03月24日号】
2017年03月29日(水)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
小原 康裕
「世界のリーディングホテル」
ホテルジャーナリスト
小原 康裕 プロフィール

「The Ritz-Carlton Moscow」の開業は2007年7月、ソビエト時代の絶頂期にあった「インツーリストホテル」を取り壊して全面的に建て直された。
「The Ritz-Carlton Moscow」の開業は2007年7月、ソビエト時代の絶頂期にあった「インツーリストホテル」を取り壊して全面的に建て直された。

市内随一の目抜き通りのトゥベルスカヤ通りに立地し、正面ファサードは帝政ロシア時代の建築様式を模した威風堂々とした佇まいだ。
市内随一の目抜き通りのトゥベルスカヤ通りに立地し、正面ファサードは帝政ロシア時代の建築様式を模した威風堂々とした佇まいだ。

「The Ritz-Carlton Moscow」(以下、RC/M)の開業は2007年7月、ソビエト時代の絶頂期にあった「インツーリストホテル」を取り壊して全面的に建て直された。市内随一の目抜き通りのトゥベルスカヤ通りに立地し、正面ファサードは帝政ロシア時代の建築様式を模した威風堂々とした佇まいだ。他方、内装はクラシカルなデザインを基本にエレガントな雰囲気とコンテンポラリーなインテリアが施されている。クレムリンや赤の広場の近くに位置し、ソビエト時代の老舗ホテル「ホテル・ナツィオナーリ」越しに眺望するクレムリンは絶景で、まさにこのホテルの醍醐味とも言える。

ガラス天井のドーム型キャノピーがそのまま正面エントランス車寄せを覆っている。
ガラス天井のドーム型キャノピーがそのまま正面エントランス車寄せを覆っている。

ホテル正面エントランスでゲストを迎えるスタッフ。
ホテル正面エントランスでゲストを迎えるスタッフ。

クラシカルな「Ritz-Carlton Moscow」のエントランスホール。
クラシカルな「Ritz-Carlton Moscow」のエントランスホール。

美しい曲線のステアケースからエントランスホールを望む。
美しい曲線のステアケースからエントランスホールを望む。

コンシェルジュデスク。
コンシェルジュデスク。

重厚感溢れるエレベーターホール。
重厚感溢れるエレベーターホール。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2017年11月17日号
2017年11月17日号
本体1,600円(税込)
【特集】HACCPは難しくない! -食品危害を未然に防ぐ衛生管理システム…
【スペシャルインタビュー】
㈱タップ 代表取締役会長 林 悦男 氏 代表取締役社長 清水 …

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE