ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • レストランオープン情報 京橋 洋食 京橋モルチェ kyobashi Mortier
レストランオープン情報 京橋 洋食

京橋モルチェ kyobashi Mortier

【週刊ホテルレストラン2017年02月10日号】
2017年02月10日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハンバーグステーキシュバール風1,050円由緒正しい洋食屋の看板メニューは、「半熟卵がのった粗めに挽いた牛肉のハンバーグステーキ」。デミグラスソースが絶妙でファンが待ち焦がれた逸品。
ハンバーグステーキシュバール風1,050円由緒正しい洋食屋の看板メニューは、「半熟卵がのった粗めに挽いた牛肉のハンバーグステーキ」。デミグラスソースが絶妙でファンが待ち焦がれた逸品。

伝統の味に想いを馳せる人たちと呼応する
ぬくもりのある名門洋食屋さん
 
 明治の初め、華族会館の料理長でもあった渡辺鎌吉氏が腕を振るった当時宮内庁御用達の「中央亭」が、京橋「モルチェ」として引き継がれて84年。現シェフの杉本氏によれば、「ビルの竣工まで3年4カ月間クローズしましたので、再開にあたりましては、以前と味が変わらぬようハンバーグステーキを何十回も試食して微調整を繰り返しました」。末綱英華執行役員総支配人は「モルチェの味に対してこれほど愛情を持ってくださる方が多いのを再確認し、有り難く思っています。料理は食べたときの情景まで想起させますので、時代に逆行しているかもしれませんが、手をかけて丁寧に料理していきたいです」と話す。オープンの予約受付に3,400人で連日満席。その中には常連さんも多く、『我が家に帰ってきたようだ』と喜んでいただいています」と山崎誠総支配人。訪れる人をぬくもりで包んでくれる日本の洋食屋さん、永遠なれ。

地下鉄銀座線の改札口と直結した京橋エドグランを入ってすぐ右手。入口には日本の洋食のパイオニア「中央亭」を受け継ぐ歴史のある写真や食器、カトラリーなどが飾られている。シンプルで清廉な店内はゆったりと食事の時間を楽しめる。

調理長
杉本一氏

東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグランB1F Tel.03-3274-3123
営業時間
月曜日〜金曜日 10:00〜22:00(ラストオーダー21:30)
土曜日 10:00〜16:00(ラストオーダー15:30)
定休日日曜日・祝日・年末年始
ディナーコース3,000円〜(コース・宴会は予約のみ)
アラカルト▶880円〜
ワイングラス500円〜、ボトル2,500円〜
酒類ビール(キリン)、ウィスキー(明治屋直輸入)、焼酎、日本酒(月桂冠)他
席数182席 個室2室(40名)
サービス料なし
クレジットカードMASTER、AMEX、VISA、JCB
経営(株)中央亭
開業2016年11月15日リニューアルオープン
1933年12月(京橋中央亭として開業・中央亭創業は1907年)

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2017年05月26日号
2017年05月26日号
本体1,600円(税込)
【特集】Moment of Truth「真実の瞬間」 “選ばれるホテルになる” いま…
【トップインタビュー】
金沢東急ホテル 執行役員総支配人 齋藤 克弥 氏

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE