ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 吉祥寺東急REIホテル、ユニバーサルタイプの客室へ1室リニューアル
吉祥寺東急REIホテル リニューアル

リラックス空間の創出を狙い、ユニバーサルタイプの客室へ1室リニューアル

2020年12月22日(火)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 吉祥寺東急REIホテル(東京都武蔵野市)は11月1日より、36.7㎡のデラックスツインルーム1室を改装し、新たにユニバーサルデザインルームとして展開している。

 近年高まるユニバーサルタイプの客室のニーズを鑑み、宿泊施設バリアフリー化支援補助金を活用し、2カ月間の改装期間を経てリニューアルをした同客室。同ホテル1室目のユニバーサルルームとして新設した。
 

客室入り口、バスルームの扉は80~85cmを確保
客室入り口、バスルームの扉は80~85cmを確保
井の頭恩賜公園をモチーフとしたデザイン
井の頭恩賜公園をモチーフとしたデザイン


 客室の入口やバスルームの開口の広さを確保し、室内はバスルームやトイレを含めすべてフラットな間取りに。バスルームの洗い場は車イスでも旋回できるスペースを設けた。

 身体の不自由なゲストでも快適に滞在ができるよう、フロントスタッフとのコミュニケーションツールとしても使用できるiPadの設置、来客訪問音や目覚まし時計などを感知し発光・振動するセントラルアラート福祉セットなど、さまざまなサポート用具も備えている。

 

ハンドシャワーを備えたトイレ
ハンドシャワーを備えたトイレ
バスルームは車イスでも旋回できるゆとりあるスペース
バスルームは車イスでも旋回できるゆとりあるスペース


 客室アシスタントマネジャーの戸澤 正雄氏は「本来はオリンピックに合わせて新設する予定でしたが、コロナ禍で完成が遅れてしまいました。公開後、徐々に問い合わせも入り始めております。内装にもこだわって、吉祥寺の街や井の頭公園をイメージしたものとなっておりまして、まずは一度ご利用いただいて使い勝手を見ていただけたら」とコメントする。

週刊ホテルレストラン最新号
2021年04月16日号
2021年04月16日号
本体1,650円(税込)
【特集 I】With & Afterコロナのホテル不動産動向
【トップインタビュー】
(株)ロイヤルホテル リーガロイヤルホテル(大阪)総支配人…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE