ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • “風の人”山下裕乃の「THE SHARE」  第71回  働き場所として選ばれなくなった日本  ~ふんぞり返っている間に世界は急速に変化~
第71回 “風の人”山下裕乃の「THE SHARE」 

第71回  働き場所として選ばれなくなった日本  ~ふんぞり返っている間に世界は急速に変化~

【週刊ホテルレストラン2019年04月26日号】
2019年04月26日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

㈱オータパブリケイションズ
執行役員
山下裕乃

 人材不足問題はこのコラムでも何度も取り上げてきました。
私たちが想像している以上に、特にサービス業における人材不足は瀕死の状態に近づいていると言っても過言ではない状況になりつつあります。それは留学生にすら日本が選ばれなくなったからです。
もちろん、以前と比較して留学生受け入れのバーは下がりつつありますが、バーの高低云々よりも“日本で働きたくない”と韓国やヨーロッパに目を向けているのです。特に留学生に寛容な韓国は大人気のようです。
 
 安心安全な日本がなぜ選ばれなくなったのでしょうか。1 つには言葉の問題があります。
今やアジアの留学生も母国語に加え、英語も堪能となっています。
世界共通の言語である英語はますます力を発揮しています。
中には母国語しか話ができない外国人観光客もいますが、大半は英語で通用するまでになりました。
ところが日本では次世代の若者も含め、英語力はまだまだ低い状況です。
留学生のための日本語学校も、もはや下火になっていると聞きます。
英語力もあり日本語をきちんと教えることができる先生がいないのです。というよりも日本に対する関心が急速に落ちているということに起因しているのかもしれません。

週刊ホテルレストラン最新号
2019年07月19日号
2019年07月19日号
本体1,600円(税込)
【特集】“負けない”宿泊主体型ホテルは何が違うのか?
【トップインタビュー】
(株)ジェイアール東海ホテルズ 常務取締役 名古屋マリオッ…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE