ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 岡村 衡一郎  サービス・イノベーション-Part2 ~現場と本部が一体で進めるイノベーション~ 116 ~パークホテル東京の快進撃 5/5 中心が決まれば「革新を共にする仲間」は増え続ける
116 岡村 衡一郎  サービス・イノベーション-Part2 ~現場と本部が一体で進めるイノベーション~ 

116 ~パークホテル東京の快進撃 5/5 中心が決まれば「革新を共にする仲間」は増え続ける

【週刊ホテルレストラン2018年12月28日号】
2018年12月28日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

変化に追われるリーダーのための実践的イノベーションメソッドとして、ホテル業の事例にとどまらず、多く企業変革の現場から生まれた「チェンジング・メソッド」として紹介していた48 種。そのPart 2 としてお届けする。

岡村衡一郎
(おかむら・こういちろう)
1971 年生まれ。亜細亜大学卒。㈱船井総合研究所を経て、2004 年㈱スコラ・コンサルト入社。120 社を超える企業変革を支える。「会社が変わるとは何か」、「人がイキイキ働くには何が必要なのか」を考え続け、「一品」という変革コンセプトを発見、体系化する。支援先の起源や今あるリソースを足場に、「あるもの」から「ないもの」を生み出す一品イノベーションに多くの経営者ファンを持つ。変わるためのテコをあぶりだす「経営者オフサイト」、「『一品』で会社が変わるワークショップ」を主催。著書に『一品で会社を変える』(東洋経済新報社)『30 代でチームのリーダーになったら最初に読む本』(同社)など

 
開業日が最高値ではない、
そこを起点に高みを目指せ

 
 現場の知恵から生まれたアーティストルーム「相撲」でしたが、当初は、プロジェクトメンバー以外からは冷ややかに見られていました。特に販売を担当するマーケティンググループは、1 部屋だけを販売する難しさを繰り返し指摘して、現実味が乏しいと動こうとしません。
 
 しかし、プロジェクトメンバーが中心になって売っていこうと話を進めていきます。他グループに頼らずPR活動を開始したのです。フロントで、宿泊係がお客さまにアップセル(ある商品の購入を考えているお客さまにほかのものをすすめること)するのはもちろんのこと、ホームページも作りました。自分たちでマスコミリストを作り、プレスリリースも出しました。

週刊ホテルレストラン最新号
2019年03月22日号
2019年03月22日号
本体1,600円(税込)
【特集】IR候補地のポテンシャルと動向
【トップインタビュー】
(株)東武ホテルマネジメント 代表取締役社長 重田 敦史 氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE