ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • ソーニャ ボドゥセック HOTERES Column 2018 組織力を高めるための効果的なコミュニケーション・アプローチ 第11回(最終回) 財産である従業員の最大限の能力を引き出すための投資
第11回 ソーニャ ボドゥセック HOTERES Column 2018 組織力を高めるための効果的なコミュニケーション・アプローチ 

第11回(最終回) 財産である従業員の最大限の能力を引き出すための投資

【週刊ホテルレストラン2018年11月16日号】
2018年11月09日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ザ・ペニンシュラ東京は、フォーブス・トラベルガイドで2016 年から3 年連続5 つ星評価を獲得するなど、国内ラグジュアリー市場をけん引する存在。その舵を取るのが2015 年末に総支配人に着任したソーニャ ボドゥセック氏だ。本誌では、ルームアテンダントから始まり総支配人として今日に至るまでのユニークな経験談を交えながら業界を超えた読者へのメッセージを綴る。

ザ・ペニンシュラ東京 総支配人
ソーニャ ボドゥセック 氏
Sonja Vodusek オーストラリア出身。ブルーマウンテンインターナショナル ホテルマネジメント スクールでホテルマネジメントの学位を取得後、ロイヤルメルボルン工科大学で企業経営学を修了。大学時代には、約半年間、東京のシェラトン・グランデ・トーキョー・ベイ・ホテルのルームアテンダントとしてトレーニングを経験する。大学卒業後、約16 年間にわたり、プラハ、ワシントンDC、ヒューストン、東京、アイルランドのダブリン、シドニーに位置するフォーシーズンズの宿泊部門をはじめとしたラグジュアリーホテルにおいて経験を積む。2010 年9 月、ホテルマネージャーとしてザ・ペニンシュラニューヨークに入社。11 年4 月、ザ・ペニンシュラマニラの総支配人に就任。15 年12 月15 日より現職。
 
Data
ザ・ペニンシュラ東京
東京都千代田区有楽町1-8-1
☎03・6270・2888

 
 ザ・ペニンシュラ東京では、従業員一人ひとりが能力を最大限に発揮し、活躍できる職場環境を作ることが私たちの使命であり、「財産である“ 人” がホテルをつくる」という確固たる信念のもと、人材育成に力を入れています。
 
 あらゆるレベルでのリーダーシップトレーニングをはじめ、様々な国のお客様に対応するための異文化理解トレーニング、コミュニケーション能力を高めるためにスペシャリストを招聘して行うコミュニケーショントレーニング、そしてザ・ペニンシュラマニラで英語を学ぶ「イングリッシュプログラム」(約3 ヵ月)や異なる文化・言語で接客や業務を学び、将来に活かす姉妹ホテルでの実践的な研修制度「グローバル クロスエクスポージャープログラム」(約2 週間)などを実施しています。また、「食生活」や「運動と睡眠」などの異なるテーマで従業員の心身をサポートする「ウェルネスプログラム」を、月1 回・全9ヵ月間開催しています。

週刊ホテルレストラン最新号
2019年09月20日号
2019年09月20日号
本体1,600円(税込)
【特集】「HOTERES EXPO 2019」開催 インバウンドねらいの供給過剰市場…
【トップインタビュー】
ザ・ペニンシュラ北京 総支配人 ヴィンセント・ピモン 氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE