ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • “風の人”山下裕乃の「THE SHARE」 第42回  仲介者はあくまでも仲介者、問題解決者にあらず ~お互いに納得するまで話し合うことが解決の近道~
“風の人”山下裕乃の「THE SHARE」

第42回  仲介者はあくまでも仲介者、問題解決者にあらず ~お互いに納得するまで話し合うことが解決の近道~

【週刊ホテルレストラン2018年09月07日号】
2018年09月07日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

㈱オータパブリケイションズ 執行役員
山下裕乃

 いったい誰を信用して良いのか、ときどき戸惑うときがあります。突然、深刻な表情でいかにも“私は真実を述べています”と言わんばかりに、〇月〇日にと日にちまで経過を追って語ります。日にちまで明確であればまちがいないかな? と納得はするものの、対象者に話を聞くと“あれれ?”という回答が返ってきます。日にちはほぼあっているのですが、そのときの描写が異なるのです。喧嘩とは言いませんが何かの仲裁というか中間的な立場にいると、そのようなことが時折、起きることがあります。
 
 別段、特別に紹介したわけではありませんが、つい先日も女子会の席で同席だった人と親しくなった方が仕事の話を持ち掛けた結果、“あの人はいったいどういう人なの?”という連絡が入りました。と言われても双方納得の上で商談したのでは? と言いたいところですが、確かに元を正せば私がお誘いした人であり矛先を向かれても仕方がないか、と納得するしかありません。どうやら、正当に言われたことに逆切れしてしまったようです。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年09月21日号
2018年09月21日号
本体1,600円(税込)
【特集】マカオの統合型リゾートを支える日本人
【トップインタビュー】
城山観光㈱ SHIROYAMA HOTEL kagoshima 代表取締役社長 東 …

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
「コーネル大学留学体験記」連載開始インタビュー  ジョンソン・スクールの2年で、リゾートビジネスの最前線で活躍できる知的基盤を構築したい ㈱ホスピタリティオペレーションズ コーネル大学ジョンソン・スクール在学生 大貫 冬斗 氏 × コーネル大学ジョンソン・スクール経営学修士号(MBA) 内藤 信也氏
㈱ホスピタリティオペレーションズ コーネル大学ジョンソン・スクール在学生 大貫 冬斗 氏 × コーネル大学ジョンソン・スクール経営学修士号(MBA) 内藤 信也氏
マリオット・インターナショナル  【ザ・リッツ・カールトン沖縄】ペストリーシェフに 正野 由博 氏が就任
マリオット・インターナショナル 
アコーホテルズ  プルマンブランド日本初出店、 プルマン東京田町 2018 年秋開業予定
アコーホテルズ 
日本政府観光局(JNTO)  2018年8月の訪日外国人は前年同月比4.1%増の257万7800人。累計2130万8190人で最速2000万人を更新
日本政府観光局(JNTO) 
小林 武嗣 経営者のためのレベニューマネジメント 第8回  収益を管理することがレベニューマネジメントの目的 長期的視点を持ち適正なセグメント構成で客室を売ろう
小林 武嗣 経営者のためのレベニューマネジメント
CLOSE