ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 2022年11月4日号 全国縦断マーケット調査 長崎県
2022年11月4日号 全国縦断マーケット調査 長崎県

全国縦断マーケット調査 長崎県

【週刊ホテルレストラン2022年11月04日号】
2022年11月02日(水)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


平戸観光

長崎県の観光入込数は、年間 3500万人あり、そのうちの多くは長崎市と佐世保市が占めるが、その他では平戸地区に 300万人の観光客が訪れている。平戸地区は戦国時代から江戸初期まで、貿易港として繁栄した。中国、ポルトガル、オランダなどと国際貿易の中心地として賑わった。従って当時の影響を残す遺跡が多く、平戸の街は異国情緒にあふれている。キリスト教会と仏教寺院が隣り合わせに並んでいる景色など、外国文化と日本の古い文化が混ざり合った独特の雰囲気が漂う、寺院と教会が見える風景として代表的景観としては、平戸市の高台にある「聖フランシスコ・ザビエル記念教会」と周囲の仏教寺院、光明寺、瑞雲寺の瓦屋根が重なって、平戸地区らしい風景となっている。この聖フランシスコ・ザビエルを記念する教会は芸術的な香りが高く、平戸を代表する建築である。そのほか南蛮貿易時代から天満宮の登り口にある「大ソテツ」の木は樹齢 400年と推定され平戸の歴史が感じられる。
 
県民分配所得全国 30位

長崎県の面積は 4131.0km2で全国 37位と、徳島県より小さく、滋賀県より大きい。人口は 133.6万人で全国 30位。青森県より大きく、奈良県より小さい。年齢構成をみると、14歳以下の幼年人口は 12.4%、15~64歳の生産年齢人口は 54.3%、65歳以上の老年人口は 33.3%で、全国と比較すると、老年人口比率が高くなっている。県民分配所得は 3.5兆円で全国 30位。一人当たり所得は 262.9万円であり、全国で奈良県に次いで 42位となっている。産業別構成比をみると、第 1次産業は 2.8%、第 2次産業は 25.4%、第3次産業は 71.8%で、全国平均と比べると第 1次産業比率が高い。工業出荷額は 1.7兆円で全国41位、人口当たりは 127.3万円で全国 42位となっている。
 
ホテル・旅館の伸び率は全国平均を下回る

飲食店数は 14年で 6507店。内訳をみると、食堂・レストランが 692店で 10.6%、専門料理店が 1490店で 22.9%を占める。その中で多いのは中華料理店の 479店で 7.4%を占める。次いでその他の専門料理店が 424店の 6.5%と続いている。そのほか、すし店が 302店(4.6%)、そば・うどん店が 162店(2.5%)となっている。また遊興飲食店のバー・キャバレー・ナイトクラブは 1835店(28.2%)、酒場・ビアホールは 1314店(20.2%)と多く、両者で 48.4%を占める。以上のほか喫茶店は 419店(6.4%)、ハンバーガーなどその他の飲食店は 277店(4.3%)である。09年調査から飲食店が分離された「持ち帰り・配達・飲食サービス業」は 732店である。ホテル・旅館の施設数は19年で 608軒、客室数は 2万 1911室で、2010年からの伸び率をみると、施設数は全国の▲ 10.4%に対して当県は▲17.3%、客室数は全国の 10.9%に対して当県は 3.2%の伸びで、ともに平均を下回っている。

----
※各種図表など詳細なデータにつきましては本誌ご購入をお願い申し上げます。
 
2022年11月4日号ご注文フォームはこちら
https://ec.hoteresonline.com/products/list.php

----

週刊ホテルレストラン最新号
2022年12月02日号
2022年12月02日号
本体2,050円(税込)
【特集】本誌独自調査 全国ホテルオープン情報
【トップインタビュー】
ハイアットセントリック 金沢/ハイアットハウス 金沢 総支配…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE