ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 帝国ホテル 大阪 ホテルショップの売り場面積を増床し、移転・リニューアルオープン
帝国ホテル 大阪 ホテルショップの売り場面積を増床し、移転・リニューアルオープン

帝国ホテル 大阪 ホテルショップの売り場面積を増床し、移転・リニューアルオープン

【週刊ホテルレストラン2022年05月13日号】
2022年05月11日(水)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3月 30日、帝国ホテル大阪(大阪府大阪市/総支配人:幸田雅弘)は 2階にあったホテルショップと、1階のテイクアウトコーナーを統合し、新たな「ホテルショップ」の売り場面積を約 2倍に増床し、帝国ホテルプラザ大阪地下1階にリニューアルオープンする。
 
 この機にホテルならではのオリジナル冷凍商品の販売を開始。また、これまでと同様に、帝国ホテルの厨房でシェフが一つひとつ心を込めて作った特製のケーキや焼き立てパン、クッキーやチョコレートといったオリジナルの洋菓子や調理缶詰も販売する。さらに、帝国ホテルの象徴といえる「ライト館」をデザインした、建築家フランク・ロイド・ライトのデザインをモチーフとした各種オリジナルグッズ、帝国ホテル大阪オリジナルの「ドアマン・スヌーピー」のキャラクターグッズなども引き続き販売する。
 
【施設概要】
名称:帝国ホテル 大阪「ホテルショップ」
営業開始日:22年3月30日
営業時間:10:00~19:00(パン・ケーキの販売は11:00~)
場所:帝国ホテルプラザ 大阪 地下1階所在地:〒530-0042大阪市北区天満橋1-8-50
販売商品:ホテルメイドのケーキ、パン、オリジナルチョコレート、クッキー等洋菓子、調理缶詰、冷凍食品、「フランク・ロイド・ライト」グッズ、帝国ホテル 大阪オリジナル「ドアマン・スヌーピー」グッズ、ほか

 

帝国ホテル大阪「ホテルショップ」地下1階のイメージ
帝国ホテル大阪「ホテルショップ」地下1階のイメージ

週刊ホテルレストラン最新号
2022年05月20日号
2022年05月20日号
本体1,650円(税込)
【特集】afterコロナを見据えた、洗浄業務の効率化を考える
【トップインタビュー】
(株)ローズホテルズ・インターナショナル 代表取締役社長 …

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE