ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 星野リゾート 「星野リゾート 界 長門」3月12日開業
星野リゾート 「星野リゾート 界 長門」3月12日開業

山口県・長門湯本温泉に 温泉旅館「星野リゾート 界 長門」3月12日開業

2020年04月01日(水)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

星野リゾート 界 長門の外観イメージ
星野リゾート 界 長門の外観イメージ

山口市の無形文化財「徳地和紙」をベッ ドボードに使用した客室イメージ
山口市の無形文化財「徳地和紙」をベッ ドボードに使用した客室イメージ

 星野リゾート(本社・長野県軽井沢町)は 3 月 12 日、山口県・長門湯本温泉に温泉旅館「星野リゾート 界 長門(ながと)」を開業した。
 長門湯本温泉はかつて毛利藩の藩主も湯治に訪れていたとされ、高度経済成長時代には約 40 万人の観光客が訪れていたが、近年は半減。そこで再起に向けた長門市による「長門湯本温泉観光まちづくり計画」が 2014 年より推進され、星野リゾートがマスタープランを策定。今回の「界」出店もその一環となる。

 界 長門では、往時の藩主が宿泊した本陣をイメージした「藩主の御茶屋屋敷」をテーマに、館内や客室を萩焼や徳地和紙、大内塗、萩ガラスなど山口県の伝統工芸で演出。客室は 40室を設け、一部は露天風呂付きに。食事処 どころ では名産のイカなどを取り入れた会席料理を提供。伝統工芸の赤間硯(すずり)で墨をすって自身の思いを綴 つづ る「おとなの墨あそび」なども提案する。宿泊者以外も利用できる「あけぼのカフェ」も併設した。温泉街ではこのほか 3 月中に外湯「恩湯(おんとう)」を改装したほか、長門市の素材を中心に使う飲食棟「恩湯食( おんとうしょく )」や、長門名物の焼き鳥を提供する食堂も開業した。

 

【星野リゾート 界 長門】
所在地:山口県長門市深川湯本 2229-1/客室数:40 室、食事処、大浴場ほか

 

外湯「恩湯」から引湯した大浴場イメージ
外湯「恩湯」から引湯した大浴場イメージ

 萩焼の器に盛り付けた料理イメージ
萩焼の器に盛り付けた料理イメージ

週刊ホテルレストラン最新号
2020年07月03日号
2020年07月03日号
本体1,650円(税込)
【特集】宿泊業界に求められる共通認識 「新型コロナウイルス(COVID-1…
【トップインタビュー】
(株)人形町今半 代表取締役社長 髙岡 慎一郎 氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE