ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • ヒルトン  ヒルトンブランドが15年ぶりに台湾へ!「ヒルトン台北新板」開業 アジア太平洋地域でヒルトンブランドを強化
ヒルトン 

ヒルトンブランドが15年ぶりに台湾へ!「ヒルトン台北新板」開業 アジア太平洋地域でヒルトンブランドを強化

2019年03月01日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 以下、リリースのとおり。
 
 2018年第4四半期時点で、ヒルトン・ホテルズ&リゾーツはアジア太平洋地域29か国で106軒のホテルを運営し、90軒のホテルを今後開業する予定です。
現在、世界中で開業しているヒルトン・ホテルズ&リゾーツのほぼ半数のホテルがアジア太平洋地域に集中しています。
日本人にも馴染みのある旅行先では、「ヒルトン台北新板」の他、昨年12月にベトナムに「ヒルトン・ダナン」が開業。今後も日本を含め需要の高い都市でのホテル開発を進めていきます。
 
 ヒルトンブランドが15年ぶりに台湾へ戻ってくることになった「ヒルトン台北新板」は、ビジネス客からレジャー客に至るまで世界中のあらゆるお客様に対応したホテルで、多種多様なニーズに応えられるような施設を有しています。
ホテル業界を革新的にリードし、質の高いサービスで、お客様それぞれに思い出に残る体験を提供できるホテルを目指します。

 

ヒルトン台北新板 (外観)
ヒルトン台北新板 (外観)

「ヒルトン台北新板」
台北市内や近隣都市の観光に便利で、日本でも人気の観光地・九份(きゅうふん)がある新北市に位置する「ヒルトン台北新板」は、台北松山空港から車で約17分、台湾桃園国際空港から車で約37分の距離。
役所やショッピングエリア・エンターテイメント施設、IT・通信系企業などのビジネスエリアへも近く、観光スポット「台北101」や国立故宮博物院、国立中正紀念堂へのアクセスも良好です。

 デラックス・ルーム38室とプレミアム・スイート14室を含む398室の全客室からは、ダイナミックな市街地あるいは緑豊かな山の眺望をお楽しみいただけます。
 
 広々とした客室には50インチのテレビ、BOSEの音響システム、高速Wi-Fiが備わり、快適にお過ごしいただけます。

ゲスト・スイート(キングベッド)
ゲスト・スイート(キングベッド)

 
 ホテルには、台湾料理と広東料理を専門にした「清雅(QING YA)」、世界各国の料理を楽しめるオールデイダイニングの「マーケット・フレーバー(Market Flavor)」、日中はデリや軽食、スイーツ、お飲み物、夜はワイン、ビール、ウィスキー、カクテルを提供するロビーラウンジ「ソーシャビリティ(SociAbility)」の3つの料飲施設があります。
 

デリや軽食、スイーツ、お飲み物を各種取り揃えた、ロビーラウンジ「ソーシャビリティ(SociAbility)」
デリや軽食、スイーツ、お飲み物を各種取り揃えた、ロビーラウンジ「ソーシャビリティ(SociAbility)」

ダイニング・エリア「マーケット・フレーバー(Market Flavor)」
ダイニング・エリア「マーケット・フレーバー(Market Flavor)」

ダイニング・エリア「清雅(QING YA)」
ダイニング・エリア「清雅(QING YA)」


 
ヒルトン・ホテルズ&リゾーツ
https://www3.hilton.com/en/index.html

 

週刊ホテルレストラン最新号
2019年07月19日号
2019年07月19日号
本体1,600円(税込)
【特集】“負けない”宿泊主体型ホテルは何が違うのか?
【トップインタビュー】
(株)ジェイアール東海ホテルズ 常務取締役 名古屋マリオッ…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE