ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • (株)グローバルエージェンツ ミレニアル世代向けに特化した宿泊施設「The Millennials(ザ・ミレニアルズ)」2号店を渋谷で2018年3月15日開業
(株)グローバルエージェンツ

ミレニアル世代向けに特化した宿泊施設「The Millennials(ザ・ミレニアルズ)」2号店を渋谷で2018年3月15日開業

2018年01月17日(水)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2号店目は「変わり続けること」が唯一変わらない文化の街「渋谷」
 
 The Millennialsは、ミレニアル世代によるミレニアル世代向けの未来型の宿泊施設として、2017年7月に京都河原町三条にて1号店を開業した。開業から半年弱ですでに世界中から述べ1万人が宿泊し、さまざまな交流が生まれている。また併設するコワーキングスペース「andwork」では、今海外で注目のスタートアップ「Remote Year」と連携し、世界中を旅しながら働くリモートワーカーの日本滞在拠点としても活用が広がっている。
 
 京都につづく2棟目は、「変わり続けること」が唯一変わらない文化である渋谷。The Millennialsの「未来が見える宿泊体験」というコンセプトが、日本を牽引する新しい文化の発信源である街「渋谷」と最も相性が高いと考え、開業を決定した。
 
ホテル面積の20%が共用部。一部はイベントやバンケットでの貸切利用も可能
 

 
 対象施設は、渋谷区神南1丁目に立地し、J-REITである「日本リテールファンド投資法人」が保有する10階建のビル(1FにACME Furniture、2FにJ.S. Burgers Cafeが入居)の3F以上をリノベーションし、「The Millennials渋谷」として開業する。5F~10Fは全て宿泊階となり、自社独自開発の「スマートポッド」120ユニットを配置する。4Fにはフロントおよびセルフキッチン付のラウンジを設け、ゲスト同士の交流が生まれる象徴的な空間になる。また3Fはワンフロア全てコワーキングスペースとなり、通常時はコワーキングスペースとして宿泊ゲストや専用会員が利用できるスペースとして運用する他、イベントスペースとしても運用予定で、さまざまなワークショップやミートアップなどのイベント開催やホテルとしてのバンケット(宴会)利用も可能。
 

全120室。独自開発の「スマートポッド」で近未来の宿泊体験を提供
 

 
 The Millennialsの客室は、日本発で海外から注目を集めているカプセルホテルを応用した形態となる。
 
 弊社は日本発祥のカプセルホテルをさらに進化させ、従来型のカプセルよりも圧倒的に高い居住性と機能性・エンターテイメント性を備えた「スマートポッド」を新たに自社開発し、The Millennials京都にてすでに運用を開始している。
 
「スマートポッド」は、天井高2.3m×床面積3㎡の客室空間の中に、セミダブルサイズのリクライニングベッド、大型キャビネット、80inchスクリーン等が搭載された多機能型の宿泊ユニットとなる。
 
 さらにリクライニングベッドとアラームが連動し、時刻になると、音ではなくリクライニングベッドが起き上がることによって物理的に起床を促す革新的な機能が備わっている。
 
 そしてIoT技術により、これらスマートポッド内の全ての機能をチェックイン時に渡すiPodで操作ができる。
 
 空間、機能、そしてワクワク感までデザインされた近未来の宿泊体験を提供する。
 
 ミレニアル世代によるミレニアル世代のためのライフスタイル発信拠点
 
 The Millennialsのコアターゲットであるミレニアル世代は、主に1980年以降に生まれた世代を指し、グローバルでは全人口の3分の1とも言われ今後の消費の大きな一翼を担うことでも、その消費嗜好や価値観について最近特に研究が進んでいる世代となる。
 
 ミレニアル世代は、所有とシェアを合理的に判断し使い分け、多様な価値観を受け入れ、身軽さや自由を求めている。The Millennialsは、既存のホテルやオフィス、住居といった定義にとらわれず、合理性と多様性と自由を追求した施設となっていることが大きな特徴だ。
 
 弊社代表をはじめ、同プロジェクトに関わる全てのスタッフがミレニアル世代で構成されており、まさにミレニアル世代によるミレニアル世代のための施設といえる。
 
 テクノロジーの進化と共に、ミレニアル世代を中心に物事の価値観は大きく変わりつつある。今後ますます、暮らす・泊まる・遊ぶ・働くなどの垣根が低くなっていく時代において、私たちは、ホテルにおいて「寝る」という行為はホテルが提供するごく一部の価値と考え、ホテルは「暮らすように泊まり、遊ぶように働き、働きながら旅をする」時代におけるライフスタイル拠点と捉えている。今後もThe Millennialsをはじめとしたライフスタイルホテル事業を通して未来のライフスタイルの形を発信していくとしている。
 
The Millennials Shibuya施設概要
所在地   東京都渋谷区神南1-20-13
アクセス  各線「渋谷」駅 徒歩6分
客室数   120室
客室単価  6,000円前後
開業日   2018年3月15日予定
 
株式会社グローバルエージェンツ
会社名       株式会社グローバルエージェンツ(http://global-agents.co.jp
代表取締役   山﨑 剛
本社所在地   〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー25F
電話            03-6433-5790
 
グローバルエージェンツが手がけるライフスタイル事業
LIVE:ソーシャルアパートメント36棟2,000室を運営 (https://www.social-apartment.com/)
STAY:ライフスタイルホテル4棟350室を運営。2018年3月渋谷に5棟目を開業
WORK:ホテル併設のコワーキングスペース「andwork」を運営 (https://www.xandwork.com/)
DINE:ソーシャルアパートメント・ホテル併設の飲食施設として6店舗を運営
WASH:ソーシャルランドリー「Sooo LIQUID」を運営
LEARN:弊社サービスの入居者や利用者に対して様々な成長や発見の機会を提供
 
オフィシャルサイト
https://www.themillennials.jp/

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年12月14日号
2018年12月14日号
本体1,600円(税込)
【特集】特集Ⅰ SAKE UNIVERSE 日本の味に、世界が夢中になる 特集Ⅱ…
【トップインタビュー】
ハイアット ホテルズ コーポレーション アジア太平洋地区 グル…

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
トリップアドバイザー(株)  トリップアドバイザー「外国人に人気の日本のホテルと旅館2018」を発表!
トリップアドバイザー(株) 
2018年12月14日号  トップインタビュー ハイアット ホテルズ コーポレーション アジア太平洋地区 グループプレジデント デイビッド・ユデル氏、 ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄 総支配人 野口 弘子氏 
2018年12月14日号  トップインタビュー ハイアット ホテルズ コーポレーション アジア太平洋地区 グループプレジデント デイビッド・ユデル氏、 ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄 総支配人 野口 弘子氏 
ニッコー・ホテルズ・インターナショナル、ホテル日航熊本  客室改装3ヶ年計画をスタート。2019年3月16日(土)、13・14階の客室をリニューアルオープン
ニッコー・ホテルズ・インターナショナル、ホテル日航熊本 
2018年12月14日号  特別企画  ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄  ロケーションに依存しない、人による魅力で「元気になるリゾート」を目指す
2018年12月14日号  特別企画  ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄 
2018年12月14日号  特集 Ⅱ HACCPに沿った衛生管理で 冬も食中毒対策を
2018年12月14日号 
CLOSE