ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • CAMOS ホテルバニスター京都1階に京の発酵イタリアン「CAMOS」オープン
CAMOS ホテルバニスター京都1階に京の発酵イタリアン「CAMOS」オープン

CAMOS ホテルバニスター京都1階に京の発酵イタリアン「CAMOS」オープン

【週刊ホテルレストラン2021年02月19日号】
2021年02月18日(木)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 京都市南区の梅?路エリアに建つHOTEL BANISTER KYOTO(ホテルバニスター京都)1 階に2 月15 日(予定)、京の発酵イタリアン「CAMOS(かもす)」が誕生した。アクセスはJR「京都」駅より徒歩約10 分。

 同店のコンセプトは、漬物、味噌、醤油、酢、麹など京都の発酵素材と京野菜をふんだんに使用し、日本酒、ワインとともに京を楽しむイタリアダイニングだ。コロナ禍でマイクロツーリズムなど近くの観光、食、楽しみが見直される中、改めて日本の食や京都の発酵文化のすばらしさを発信し、免疫力高める一躍を担いたいと発酵食品に至ったという。

 メニュー例は、前菜が「農家さんのお野菜を使ったへしこのバーニャカウダ」「鶏胸肉のサラダ 柴漬けのラヴィゴットソース」など。パスタ・ピッツアは「西京味噌とパンチェッタのクリームパスタ」「しらすと塩麹のピッツア」など。メインは「京都地鶏もも肉の西京味噌煮込み 青菜のバターライス添え」「塩麹マリネの京都産豚肩ロースのカツレツ」など。ワインは国産を中心に、日本酒は関西圏の蔵元を中心にそろえる。朝食セットやランチセット(1000~2500円)、ディナーコース(3500~5000 円)も用意する。

【京の発酵イタリアン「CAMOS」 概要】
所在地:京都市南区大宮通八条上る大黒町290番地/電話番号 0120-548-933 / 客席数:44 席、テラス席14 席/営業時間:ランチ11:00 ~ 15:00(14:00L.O.) ディナー17:00 ~ 23:00(22:00L.O.)

週刊ホテルレストラン最新号
2021年02月26日号
2021年02月26日号
本体1,650円(税込)
【特集】生存競争を勝ち抜く、わが社の生き残り論
【トップインタビュー】
オークウッド ディレクター・オブ・オペレーションズ(日本・…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE