ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 2021年1月8・15日号 全国縦断マーケット調査 宮崎県
2021年1月8・15日号 全国縦断マーケット調査 宮崎県

全国縦断マーケット調査 宮崎県

【週刊ホテルレストラン2021年01月15日号】
2021年01月14日(木)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

西都原古墳は帆立型古墳として特徴的

宮崎県の年間観光入込数は、県外953万人、県内1475万人、合計2929 万人(平成29 年)となっているが、スポット別に見ると、最も多いのは高千穂神話が伝えられる高千穂町で、約30 万人が訪れている。その他では青島や鵜戸神宮(うどじんぐう)などとともに、第5位に西都原(さいとばる)古墳群がある。近年、全国的に歴史への国民の関心が高まっており、その中で、全国の古墳見学がささやかなブームになっている。当県の西都原古墳も九州の中では特に目立った存在となっている。西都原古墳は、早くは3 世紀の中ごろから新しくは5 世紀の半ばまで200 年前後の幅があり、特徴を示す古墳も多い。中でも、男狭穂塚古墳(おさほづかこふん)と女狭穂塚古墳(めさほづかこふん)で、両者とも5 世紀前半ごろのものと推定される。形に特徴があり、帆立貝型古墳と言われ、平面の形が海で取れる「帆立貝」に似ている。全国に同じものが約35 あるが、当県の二つの古墳は全長176cmと最も大きく、典型的なモデルとなっている。


県民分配所得は全国38 位

宮崎県の面積は7735.3?で全国14 位と、静岡県より小さく、熊本県より大きい。人口は109.6 万人で全国35 位。山形県より多く、石川県より少ない。年齢構成を見ると、14 歳以下の幼年人口は13.2%、15 ~ 64 歳の生産年齢人口は55.1%、65 歳以上の老年人口は31.7%で、全国と比較すると高齢化が進んでいる。県民分配所得は2.7 兆円で全国38 位。一人当たり所得は248.7 万円であり、全国で青森県に次いで45 位と低い。産業別構成比を見ると、第1 次産業は5.3%、第2 次産業は23.8%、第3 次産業は70.8%で、全国平均と比べると第1 次産業比率が高い。工業出荷額は1.7 兆円で全国42 位、人口当たりは155.3 万円で全国38 位と低い。


ホテル・旅館は施設数、客室数ともに低調

飲食店数は14 年で6569 店。内訳を見ると、食堂・レストランが553 店で8.4%、専門料理店が1474 店で22.4%を占める。その中で多いのは中華料理店の463 店で7.0%を占める。次いで日本料理店が404 店の6.2%と続いている。そのほか、すし店が200 店(3.0%)、そば・うどん店が261 店(4.0%)となっている。また遊興飲食店のバー・キャバレー・ナイトクラブは2131 店(32.4%)、酒場・ビアホールは1376 店(20.9%)と多く、両者で53.3%を占める。以上のほか喫茶店は357 店(5.4%)、ハンバーガーなどその他の飲食店は201 店(3.1%)である。09 年調査から飲食店が分離された「持ち帰り・配達・飲食サービス業」は590 店である。ホテル・旅館の施設数は18 年で455 軒、客室数は1 万5479 室で、2010 年からの伸び率を見ると、施設数は全国の▲ 12.6%に対して当県は▲13.7%、客室数は全国5.0%に対し当県は▲ 1.8%の伸びで、ともに平均を下回っている。

----
※各種図表など詳細なデータにつきましては本誌ご購入をお願い申し上げます。
 
2021年1月8・15日号ご注文フォームはこちら
https://ec.hoteresonline.com/products/list.php
----

週刊ホテルレストラン最新号
2021年01月22日号
2021年01月22日号
本体1,650円(税込)
【特集】2021年ホテル業界を牽引するトップ108人の展望
【トップインタビュー】
東急リゾーツ&ステイ株式会社 ROKU KYOTO, LXR Hotels & Resor…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE