ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 【ニュース】HOTERES Today's Pick Up 2020.10.28 三井不動産とヒルトンが締結
【ニュース】HOTERES Today's Pick Up 2020.10.28 三井不動産とヒルトンが締結

日本初進出、ヒルトンの最上級ラグジュアリーブランド 「ウォルドーフ・アストリア東京日本橋」2026年開業

2020年10月28日(水)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三井不動産(株)(本社:東京都中央区、代表取締役社長 菰田正信、以下、三井不動産)とヒルトン(本社:米国バージニア州、取締役社長 兼 最高経営責任者 クリストファ J. ナセッタ)は、このほど「ウォルドーフ・ア ストリア東京日本橋」のブランディングおよびマネジメント契約を締結したことを発表した。同ホテルは三井不動産が開発、ヒルトンが運営。開業は2026年を予定している。「ウォルドーフ・アストリア・ホテルズ&リゾーツ」はヒルトンの最上級ラグジュアリーブランドで日本初進出となる。
「ウォルドーフ・アストリア東京日本橋」は、2021 年度工事着工予定の「日本橋一丁目中地区第一種市街地再開開発事業におけるオフィス、商業店舗、サービスアパートメント等からなる複合施設の39~47階に位置する。客室は60㎡以上、全197室。三つのレストランと同ブランドの象徴でもあるラウンジ&バー「ピーコック・アレー」のほか、屋内プール、スパ、フィットネスセンター、宴会場、チャペルを予定。
 三井不動産は、江戸時代に五街道の起点として文化・経済・商業の発信地として栄えた「日本橋」において、2004 年「COREDO 日本橋」の開業を皮切りに、「残しながら、蘇らせながら、創っていく」を開発コンセプトとして、官民地域一体となった「日本橋再生計画」を推進してきた。一方「ウォルドーフ・アストリア」は1893年に米国ニューヨークで開業以来、予約からチェックアウトまで極上のサービスで定評。現在、世界で32軒を展開している。

ホテル計画概要(予定)
「ウォルドーフ・アストリア東京日本橋」
延床面積=約 3万2000 ㎡ /階数=39~47 階(C街区・うちゲストの利用は40~47階)/ 客室数 =197室 /付帯設備=レストラン(3カ所)、ラウンジ&バー、宴会場、屋内プール、スパ、フィットネスセンター、チャ ペル /開業予定=2026 年

計画概要(日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業)
事業主体=日本橋一丁目中地区市街地再開発組合 /所在地=東京都中央区日本橋一丁目 /敷地面積=約 1万8990㎡/ 延床面積=約 38万300 ㎡/主要用途 =ホテル、オフィス、商業施設、住宅、カンファレンス施設、ビジネス 支援施設等

週刊ホテルレストラン最新号
2020年11月20日号
2020年11月20日号
本体1,650円(税込)
【特集】本誌独自調査 ホテルブライダルランキング
【トップインタビュー】
(株)パレスホテル 専務取締役 パレスホテル東京 総支配人…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE