ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • スコラ・コンサルト/きたもっく 焚(た)き火を囲む新ビジネス合宿施設 北軽井沢「タキビバ」9月1日開業
スコラ・コンサルト/きたもっく 焚(た)き火を囲む新ビジネス合宿施設 北軽井沢「タキビバ」9月1日開業

スコラ・コンサルト/きたもっく 焚(た)き火を囲む新ビジネス合宿施設 北軽井沢「タキビバ」9月1日開業

2020年10月01日(木)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TAKIVIVA のシェルター
TAKIVIVA のシェルター

 群馬県北軽井沢に9 月1 日、宿泊型ミーティング施設「TタキビバAKIVIVA」がオープンした。同施設はキャンプ場「北軽井沢スウィートグラス」を運営する(有)きたもっく(群馬県北軽井沢)が運営。企業のビジネス対話支援などを提供するコンサルティング企業の(株)スコラ・コンサルト(本社・東京都品川区)が、ビジネス合宿サービス「TAKIBIcation」を監修、提供する。

 屋外ゾーンには日本古来の“かまど”や“囲炉裏” を活用した「炊火食房」、30 ~ 50 人規模で同じ火を見つめてつながりを深められる「炎舞台」、薪(まき)を燃やしながら語らう「火野間」などを設置。また、火山の避難施設から着想した屋内施設「SHELTER」には、1 階にミーティングなども行なえるエリアなど、2 階にはミニマムな寝室空間「ReGo(りごう)」を備える。自然に囲まれて通常の環境・思考・常識を覆し、生きることや働くことに対たいじ峙するきっかけを提供する構えだ。

【TAKIVIVA 概要】
所在地:群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-5647 /敷地面積:約1万m2/施設構成:宿泊施設、屋外炊事施設、焚き火施設ほか

炊火食房
炊火食房

週刊ホテルレストラン最新号
2020年10月23日号
2020年10月23日号
本体1,650円(税込)
【特集】HOTELサバイブ<飲食>
【トップインタビュー】
MEMU EARTH HOTEL 代表取締役 野村 昌広 氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE